嵐でおなじみの「光の道」 夕日の残照イメージ、焼酎発売

©株式会社西日本新聞社

年に2回、2月と10月に宮地嶽神社(福岡県福津市)で見られる「光の道」の現象にちなみ、夕日の残照をイメージした金箔(きんぱく)入り芋焼酎が15日から同市で発売される。

「光の道」は同神社の参道から一直線に延びた玄界灘に夕日が沈む際に見られる。人気アイドルグループ「嵐」が出演するCMで紹介され、毎年、全国から多くの観光客が集まる。

隣接する古賀市の酒造会社「翁(おきな)酒造」が開発。スマートな透明ボトルを傾けるとキラキラと金色に輝く。「通常の金箔酒より、ちょっと余分に金を入れてます。光の思い出を、どうぞお土産に」と担当者。