比嘉大吾、きょう復活のゴング 2年ぶりのリングへ

©株式会社沖縄タイムス社

復帰戦の前日計量をクリアし、2年ぶりのリングに臨む比嘉大吾=12日、東京・後楽園ホール(磯野直撮影)

 世界ボクシング評議会(WBC)元フライ級王者で、現在WBCバンタム級7位の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=は13日、東京・後楽園ホールで約2年ぶりのリングに上がる。12日は計量が行われ、リミットを100グラム下回る53.8キロで一発クリアした。「約2年間、支えてくれた自分の仲間がいる。明日はその人たちのために頑張る」と勝利を誓った。

 再起戦はフライ級の2階級上のバンタム級より1ポンド重い119ポンド契約8回戦で行われ、フィリピン同級11位のジェイソン・ブエナオブラ(25)と対戦する。比嘉は「楽しい試合ができれば。結果的に倒せればいい」と謙虚に語った。

 比嘉はフライ級王者だった2018年4月、3度目の防衛戦で計量に失敗して王座を剝奪され、ボクサーライセンスの無期限停止処分を受けた。昨秋に処分が解け、今回が約2年ぶりの再起戦となる。