戦国武将の家紋チョコいかが 老舗和菓子屋 柏鳥堂 地元石材店やガキビズが協力 年配客にようかんも

©株式会社中部経済新聞社

新商品と開発を担当した鳥本直幸さん

 老舗和菓子屋の柏鳥堂(はくちょうどう、岐阜県大野町黒野568の2、鳥本豊和代表、電話0585.32.0141)は、岐阜県にゆかりのある戦国武将の家紋をモチーフにした新商品チョコレートの拡販に力を入れる。放映中の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」にちなみ、織田信長、明智光秀、斎藤道三の3武将に加え、大野町出身の竹中半兵衛の計4種類の家紋をあしらったチョコを開発。地元石材店や大垣ビジネスサポートセンター(ガキビズ)も商品化に協力した。バレンタイン、ホワイトデーや手土産需要の取り込みを狙う。