JKモデルMayuri“童顔スーパーボディー”に大興奮「ギャップたまらん」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

名古屋在住の現役女子高生Mayuriが2月10日、自身のインスタグラムを更新。《おはようございます 朝から多くのDMでうれし泣きして鼻水だーだーです 感謝だー》などとコメント。この日発売の『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場したことで、多くの応援メールが届いたことを感謝した。

Mayuriはブラジリアンハーフのモデルで、地元の名古屋では〝普通じゃない女子高生〟として知る人ぞ知る存在とのこと。日本人離れした圧巻の迫力ボディーは、まさに垂涎モノだ。

「ブラジル仕込みの独特のファッションとメークが注目を集め、素人ながらインスタグラムのフォロワーは27万人にも迫る勢いで今も増え続けています。今回のグラビアを皮切りに、今後は芸能活動を本格的にスタートさせるようですね。身長171センチ、B92 W64.5 H94.5のスーパーボデイーは、もはや高校生とは思えぬほどで、地元で制服を着て歩いていると〝コスプレ〟と間違われるとか。春からは大学に進学する予定なので、活動の幅もさらに広がるでしょうね」(グラビア雑誌ライター)

ネット上では、

《何この完璧ボディー エロ過ぎだろw》
《意外と童顔なんだな 身体とのギャップがたまらん》
《もはや完全に外国人体型だろ。こりゃ強烈だわ》
《すいません、今の17歳ってこんな立派なんですか?w》
《エロ過ぎて吹いたわ。ちょっと雑誌買ってくる》

など、大きな反響を呼んでいる。

「爆乳が目立ちますが、何と言っても尻フェチにはたまらない、南米美女を彷彿させるド迫力ヒップでしょう。この体型でまだ高校生というのですから驚きです。プレイボーイのグラビアでは、極小の水着にもチャレンジしており、大人の色気がムンムンです。グラビア界の超大物新人と言っても過言ではありませんよ」(前出のグラビア雑誌ライター)

ムービーアプリ『Tik Tok』では、動くMayuri動画も多数投稿されている。気になる方は要チェックだ。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock