堂本剛、“特別な先輩"SMAPへの想い明かす「弟みたいな気持ちで…」

©株式会社ドットレンド

KinKi Kidsの堂本剛が2月10日放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。SMAPへの想いを語った。

この日の放送では、リスナーから木村拓哉のファンクラブ動画で『サシ飲みしたいジャニーズメンバー』に堂本の名前が挙がっていたとの報告があった。木村は、剛が自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶので、なぜなのか聞きたいと言っていたそうで、それを聞いた剛は「すごいお世話になってる先輩だから、弟みたいな気持ちでステージ立ってましたもんね」としみじみ。KinKi KidsはSMAPのバックについていたこともあり、堂本は「右も左もわからない僕らに『こうだよ、ああだよ』って教えてくれたりとか。お兄ちゃんなんですよね。僕の気持ちの中で」と心境を明かした。

さらに、自分が物心つき、何もわからなかったときに道標を出してくれたとも話し「SMAPというグループは偉大なんですよ」と告白。続けて堂本は「SMAP兄さんは緊張してしゃーないね。めちゃくちゃ緊張しちゃう、どうしても。緊張するくせに、尊敬してるくせに、『お兄ちゃん』と呼びたい存在」とSMAPが自分にとって特別な先輩であることを明かした。

木村がサシ飲みをしたいと言っていたことに関して堂本は、「お酒そんなに強くないのであれですけど。いつでもお声がけしてください」と快諾していた。