田代まさし被告、起訴内容認める

覚醒剤使用、3年6月求刑し結審

©一般社団法人共同通信社

田代まさし被告

 自宅で覚醒剤を使ったなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われたタレント田代まさし(本名政)被告(63)=茨城県鹿嶋市=は13日、仙台地裁(大川隆男裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役3年6月を求刑し、即日結審した。判決は3月4日。

 田代被告は、罪状認否で裁判官から間違いないかと問われ「ありません」と答えた。

 検察側は冒頭陳述で、被告が取り調べで「昨年8月上旬から再び覚醒剤を使用するようになった。ライブの台本を書いている際に眠くなり、頭をすっきりさせるために使ったこともある」と供述したと明らかにした。