若年がん患者に子を持つ希望を 県が卵子・精子凍結助成

©株式会社秋田魁新報社

 秋田県は2020年度から、40歳以下のがん患者を対象に、子どもを授かる可能性を残す治療の費用を助成する。卵子凍結に最大20万円、精子凍結には同3万円を支給する。子どもを持ちたい患者が将来に希望を抱いて、がんと向き合えるようサポートする。

 子どもを授かる可能性を残す治療は「妊よう性温存治療」と呼ばれる。妊よう性は「妊娠する力」を意味する。