MICEを核、観光拠点に 中島公園エリア再整備、市が構想

©株式会社北海道新聞社

 札幌市は、中島公園周辺のまちづくりに関する基本構想案をまとめた。公園隣接地に建設を予定する、大規模会議場や展示会に対応する「MICE(マイス)」施設を核に、市民や観光客の交流拠点として地区を整備する方針。市は3月3日まで意見を募り、同月末に決定する。

■商業施設など誘致へ 3月末決定

 再整備の対象は、市営地下鉄南北線中島公園駅を中心とする半径約400メートルの地域で、徒歩5分圏内。大規模会議の開催で、マイス施設ができると周辺の交流人口増が見込まれるため、まちづくりに着手する。