日向坂46 東村芽依 金村美玖「ボクらの世界」

©株式会社光文社

―最新シングル『ソンナコトナイヨ』のフロントメンバーに選ばれた感想を聞かせてください。

金村新曲のフォーメーションが発表されるときは、いつも一人ずつ名前が呼ばれていき、フロントポジションは最後のほうで呼ばれるのですが、今回はなかなか自分の名前が呼ばれなくて。そんなことは初めてだったので、頭が混乱しました。まさか自分がフロントに選ばれるとは思っていなかったから。でも、選ばれたときは嬉しかったです。いつかやってみたいという気持ちがあったので、前向きに頑張ろうと思いました。

東村いつも発表のときは、メンバーみんなで、ポジションについて深く考えないように、明るくハッピーにいようね、と言っているんです。でも、毎回私は泣いてしまって。今回は絶対に泣かないと決めていましたが、フロントに選んでいただいて…。やっぱり泣いちゃいました(笑)。嬉しいけど、不安な気持ちもあって、いろんな感情が湧き起こった涙でした。

―実際に、フロントでのパフォーマンスはどうでしたか?

金村MV撮影のとき、1列目で踊ったことがないから、いきなり振りを間違えてしまいました。緊張していたのかな。

東村いざとなると、間違えちゃうよね。それに、1列目はカメラで撮ってもらっているのがすごくわかるから、気が抜けない。

金村カメラ目線をしなければならないのですが、見るのを忘れてしまうんです。これまでも「(カメラを)見てください」とよく言われていましたが、1列目は(カメラが)来てくれることが、ありがたいことに多いから、よけいに見逃してしまって(笑)。ずっと1列目でパフォーマンスをされている(齊藤)京子さんや(加藤)史帆さんも、こんなふうにしていたのかなと思うと、あらためてすごいと感じました。

【編集部の見どころガイド】

4thシングル「ソンナコトナイヨ」で初フロントに抜擢された、東村芽依と金村美玖がグラビアでも前線に踊り出した!

二人で仲よくお寿司トイで遊ぶ様子は、自然な笑顔が溢れ出ていて尊さの極み!

生まれてきてくれて有り難う、と落涙すること間違いナシですぞ!

Platinum FLASH Vol.12 2月14日発売!!

Amazon

セブンネット

楽天ブックス

HMV