賀来賢人主演ドラマのED主題歌がアイナ・ジ・エンドの書き下ろし楽曲に決定

©株式会社東京ニュース通信社

MBS、TBSほかで2月にスタートする賀来賢人主演の連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」(MBS=2月23日スタート・日曜深夜0:50、TBS=2月25日スタート・火曜深夜1:28)のエンディング主題歌がBiSHのメンバー、アイナ・ジ・エンドが書き下ろした楽曲「死にたい夜にかぎって」に決定した。原作「死にたい夜にかぎって」(扶桑社)の文庫本に解説文を寄稿しているほどの原作の愛読者であるアイナ・ジ・エンドは、「“死にたい夜にかぎって”に出会えたことは、宝物です。皆さまの耳に、どうなじんでいってくれるのか、とてもドキドキしております」と心境を語っている。

同作は、爪切男氏の連載エッセイを「恋愛エピソード」を中心に再構築した小説「死にたい夜にかぎって」を実写ドラマ化したもの。爪切男氏本人の実体験のエピソードがつづられた物語で、幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来賢人)が、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していくという、もの悲しくもユーモアあふれるストーリーが描かれる。今回主題歌を務めるアイナ・ジ・エンドがドラマの楽曲を書き下ろすのは初めてのこと。原作ファンの彼女が思いを込めた楽曲が作品を盛り上げていく。

原作についてアイナ・ジ・エンドは「読んでいて、笑い転げそうになった次の瞬間、じんわり涙が出てきたり…生きるということをユニークに考えさせてくれました。そして何より、“死にたい夜にかぎって”のおかげで、“死にたい夜”を超えていくことができました」と熱い思いを語り、「初めて読んでから2年たった今。人生初めての“曲の書き下ろし”をさせていただきました。こんなことになるとは、あの当時思ってもいませんでした。ドラマ“死にたい夜にかぎって”に一つ華を添えられたら幸いです」とメッセージを寄せた。

また、ドラマの追加キャストとして、幅広いジャンルで躍進中の堀田真由の出演も決定。浩史が“1分間だけの恋人”と名付けひそかに思いを寄せる新聞配達員の紺野さん役を演じる。さらに、最終第6話終了後の3月31日深夜より、TSUTAYAプレミアムにて特別編「あとがき」を独占配信。浩史と山本舞香演じるヒロインのアスカが別れた半年後が描かれ、アスカの新しい彼氏・DJ西井役で浅香航大が出演する。なぜ浩史はこれまで出会った過激な女性たちとの半生を小説として描こうと決意したのか、本編と合わせて見ることで物語がより楽しめる。