新型肺炎でマスク需要5倍

各社は生産増強も

©一般社団法人共同通信社

記者会見するライオンの掬川正純社長=13日午後、東京都内

 国内マスク最大手のユニ・チャームは13日、新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクの需要が通常の約5倍に急増していると発表した。高原豪久社長は、品薄状態が続くマスクの増産について「検討している」と述べた。ライオンも需要が増しているハンドソープの生産量を工場の24時間稼働により通常の1.5倍に拡大。生産設備も5月に増強するという。

 高原氏は東京都内で記者会見し「業界団体でとりまとめ、どれぐらい、どのタイミングで供給を上乗せできるか検討している」と述べた。ライオンの掬川正純社長も会見し「中国と日本でハンドソープや消毒液の需要が急激に高まっている」と話した。