神戸でスーパーな活躍を見せる酒井高徳、「日本代表復帰」を聞かれ…

©株式会社コリー

元日の天皇杯決勝で鹿島アントラーズを破り、悲願の初タイトルを獲得したヴィッセル神戸。

短いオフを経て、今月8日にはFUJI XEROX SUPER CUP 2020でJ1王者の横浜F・マリノスと対戦。こちらでも9人連続失敗という“魔のPK戦”を制し、スーパーカップ初制覇を成し遂げた。

動画を見たい場合はここをタップ!

12日には、AFCチャンピオンズリーグの初戦でジョホール・ダルル・タジムに5-1と大勝。強力なタレントを揃えるチームは2年目を迎えたトルステン・フィンク監督のもと、素晴らしいスタートを切っている。

そんなチームにおいて、圧巻のパフォーマンスを見せているのが酒井高徳だ。

7年半プレーしたドイツで様々な経験を積んだ28歳のDFは、2019年夏に神戸へ加入。大物外国人選手たちを前に遠慮しがちだった空気を変え、自らも質と量を兼ね備えたプレーでチームを牽引している。

ゼロックスでは左のウィングバックとして、対峙した昨季のJリーグMVP仲川輝人を特に前半ほぼ完封。「思ったより何もなかった」と振り返る出来で、攻守に大きな役割を果たした。

動画を見たい場合はここをタップ!

同学年ということもあり髪型をいじるなど仲が良さそうな二人。山口蛍もこの試合、右のシャドー気味で前線から中盤を広くカバーし、最後のPKを決めるなど大活躍だった。

さてそうなると、気になってくるのは酒井の日本代表への復帰だ。

酒井は2018年のロシアワールドカップ直後に代表引退を示唆し、実際に招集されていない。当時はドイツでプレーしており、試合のたびに日本へ戻って…ということをこれ以上繰り返すことは考えられない状況だったのかもしれない。

ただ、現在は国内でプレー。しかも2年後のカタールワールドカップ時でも31歳で、これはロシア大会の長友佑都と同じ年齢だ。

出色のプレーを見せたゼロックスの試合後、代表復帰の可能性について記者に聞かれた酒井は、このように答えている。

「(可能性は)あるんですかねぇ。どうなんですかねぇ。分からないです(笑)」

はぐらかすような返答。しかし少なくとも可能性がゼロでないことはうかがえた。

3バック・4バックを問わず、しかも両サイドで高いパフォーマンスを発揮できる酒井高徳。

日本代表の森保一監督にとって目が離せない選手の一人であることは間違いなく、21日(金)に開幕する明治安田生命J1リーグでのプレー、そして彼の“決断”に注目したい。