アフリカの女性映画人育成

ユネスコ、河瀬直美監督と連携

©一般社団法人共同通信社

13日、パリのユネスコ本部で話すアズレ事務局長(左)と河瀬直美監督(右)(共同)

 【パリ共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)が奈良市出身の映画監督河瀬直美さんと連携し、アフリカの女性映画人育成を支援する事業を行うことになり、アズレ事務局長と河瀬さんが13日、奈良市でのワークショップに招く若手の映像作家ら10人をパリのユネスコ本部で発表した。

 ケニア、セネガル、ブルキナファソ、ナイジェリア、南アフリカの5カ国の10人は3月下旬から約2週間、河瀬さんが代表作「殯の森」を撮影した奈良市田原地区に滞在し、河瀬さんらの助言を受けながらドキュメンタリー作品の撮影から編集までの作業に取り組む。作品は今年9月のなら国際映画祭で上映される。