<あのころ>青酸コーラで2人死亡

路上放置を飲んで

©一般社団法人共同通信社

1977(昭和52)年1月4日、東京の国鉄品川駅近くの公衆電話ボックスと付近の路上に置かれたコーラを飲んだ男性2人が死亡した。青酸化合物が中に入っており、警視庁は翌日看板を立て無差別殺人事件として捜査。2月14日には東京駅の地下街で青酸入りチョコレートも発見されるが、いずれも迷宮入りに。