八代港のクルーズ船拠点、式典中止 熊本県「新型肺炎対策に注力」

©株式会社熊本日日新聞社

旅客ターミナルや駐車場が完成間近のくまモンポート八代=13日、八代市

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、熊本県は13日、八代港(八代市)のクルーズ船受け入れ拠点「くまモンポート八代」の29日の完成式典を中止すると発表した。4月7日に予定していたオープニングイベントも白紙とし、4月中の開催に向け再調整する。

 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での集団感染などを受けた判断で、県は「新型コロナウイルスの水際対策に注力するため」と説明している。

 くまモンポート八代は国、県、米国クルーズ船会社のロイヤルカリビアン社(RCL)が計185億円をかけて建設。完成式典やクルーズ船の寄港予定に合わせたオープニングイベントを通し、国内外に拠点をPRする予定だった。併設の物販施設やくまモンパークは予定通り4月1日に開業させる。

 一方、八代港には3月3日を皮切りにクルーズ船が4回寄港予定だが、県港湾課は「キャンセルされる可能性はある」としている。同25日は感染者がいる疑いがあるとして横浜港への寄港を拒否された「ウエステルダム」となっている。

 県は着岸の許可権限を持つが、同課は「乗客の上陸許可は国の権限。着岸の可否は国の判断を踏まえながら対応したい」と話している。(野方信助)