『ミヤネ屋』宮根誠司が高齢者に“不安あおり”で批判続出!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宮根誠司 

(C)まいじつ 

2月11日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が、「不安をあおっている」として視聴者からの批判にさらされた。

問題となったのは、各局でも連日にわたって報じられている、新型コロナウイルスを巡るニュースの場面。この日の番組は、感染者が乗船していたことで横浜港に停泊が続いている大型クルーズ船・ダイヤモンドプリンセス号の乗客と電話を結び、生放送で船内の様子をインタビューしていた。

感染拡大を防ぐため船内から出られず、10日には新たに60人以上の乗客の感染が確認されるなど、先行きが見えない状況が続いている。各報道でも、テレビ視聴やWi-Fi接続の環境が不十分であることによる情報不足や物資の不足、スタッフを含めた全員の精神的疲労が懸念されていたが、電話を結んだ70歳の男性は、「(船内の食事は)おいし過ぎて困るくらいです(笑)」「アメリカの食事ですから、絶えずデザートが付いてきたり…」と、意外にも明るく話していく。

宮根が深刻な顔で「でも本当はお米とか食べたいでしょう?」と聞き返すと、男性は「まぁ、本当はね(笑)」と笑いをこぼしながら返答。続いて、「『情報が入ってこない』って皆がおっしゃってるようなんですが…」と聞かれると、「それはあると思いますね」とした上で、「最低限の情報は毎日、キャプテンからのアナウンスがある」と船内の様子を明かした。

 

船内がパニックだと強調したかった?

その後、一旦話題が変わって再び情報の話になると、男性は「船内で見られるのはNHKのBSと海外の放送だけ」との実情を明らかに。ここで宮根が「本当は地上波のNHKとか民放とか見られたらもっと情報が入りますよね」と返すと、男性はまたも「それは欲しいですね、本当は」との本音をにじませた。

さらに、宮根が「(地上波が映るタブレット等のワンセグ端末が)配布されるといいですよね」と心配すると、男性は「みんなスマホ持ってますからねぇ。最低限、スマホで何とかカバーできると思いますね。われわれもそうしています」と、そこまで困っていない様子で返答。いずれのやり取りも、船内の環境を心配する宮根と、無事に過ごしている男性という構図が続いていった。

しかし、番組のテロップには《船内悲痛「情報なし」》などの仰々しい文字が並んでいたため、中には「偏向報道だ」「船内がパニックということにしたがっている」と感じる視聴者が多かったよう。宮根の質問も「食事や情報に困っているというネガティブなワードを引き出そうとしている」と捉えられてしまったようで、ネット上には、

《どうしてもクルーズ船は大混乱と見せたいマスコミ連中》
《必死に不安をあおろうとする》
《食事が十分に出ないとか情報が足りないとか不安な言葉を引き出したかったんだろうけど、幸か不幸か電話の相手はしっかりした人だった》
《ミヤネ屋は即刻放送中止しろ》
《ミヤネ含めコメンテーターが『ほら!クルーズ船に閉じ込められている人はこんなにかわいそう!』っていう流れに持っていきたかったのに》

などといった感想が続出する炎上状態と化してしまった。

「高齢者は米が好き」「高齢者はネットに疎い」という先入観が、災いを招いてしまった?