東日本大震災からまもなく9年―― NHK・フジテレビ・ヤフーで共同企画を実施

©株式会社フジテレビジョン

3月11日(水)15時50分より、フジテレビでは 『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』 を放送する(関東ローカル)。

東日本大震災からまもなく9年――。

未曾有の災害を決して忘れず教訓とするため、フジテレビ情報制作局では、シリーズ『わ・す・れ・な・い』として、「津波の検証」と「被災者の思い」をテーマに20本の番組を放送してきた。

フジテレビ『わ・す・れ・な・い』より(岩手県釜石市)

「津波の検証」に関しては、毎回特定の地域を取り上げ、津波の動きと人々の避難行動を、膨大な映像と証言に基づく時系列で詳細に検証。「命を守るための行動」を導き出してきた。

フジテレビ『わ・す・れ・な・い』より(宮城県山元町)

では、人々の命を守るために、テレビにできることは何なのか…。

さらに、災害報道においてはメディアの連携によって、もっとできることがあるのではないか…。

震災から10年となる2021年に向け、フジテレビはNHK、ヤフーと共同でこのテーマに取り組む。

まず今年は、NHKで「スタジオ討論番組」を、フジテレビで「検証VTR番組」を制作。ヤフーでは特設ページを開設し、メディアの壁を越えて、災害大国ニッポンで“死者をゼロにする”ための未来の災害報道を考える。

フジテレビ制作の検証番組は、『わ・す・れ・な・い』シリーズとして、岩手県釜石市と宮城県山元町を取り上げ、あの日どのように災害情報が伝わり、人々の避難行動に結びついたのかを、当時のNHKの放送映像やフジテレビ報道映像、ヤフーの検索データなども交え、新たな証言から検証する。さらに、ヤフーのネットでの試みも取材し、災害時に本当に必要な情報を探る。

<NHK番組概要>

NHKとフジテレビ、そしてヤフーが垣根を越えて、災害時に犠牲者を一人でも減らしていくために、メディア同士が協力できること、連携できることを真剣に考えるコラボ特集。

あの日、「未曾有の大災害」と「想定外の被害」に直面したNHK・民放・デジタルメディア。実は、平時にはあり得ないメディア連携が生まれていた。東日本大震災から9年。さらにその後も続いた自然災害。メディアの報道はどう進化してきたのか。私たちは“犠牲者ゼロ”を目指し、メディアの壁を越えて、新時代の情報発信を考え、デジタル新時代に目指すべき情報発信のあり方を、メディアを越えて徹底討論する。

<タイトル>

東日本大震災9年関連特番『“死者ゼロ”を目指せ~デジタル新時代の情報発信とは~』

<放送日時>

2020年3月8日(日)14時~15時 ※NHK総合テレビ

<出演者>

【MC】

井上あさひ(NHKアナウンサー)

伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)

【ご意見番】

藤代裕之(ジャーナリスト/法政大学社会学部メディア社会学科准教授)

【パネラー】

青木良樹(フジテレビニュース総局報道局取材センター室長兼社会部長)

山下和彦(NHK報道局ネットワーク報道部デスク)

田中真司(ヤフー 「Yahoo!天気・災害」サービスマネージャー)

井上智晶(岩手めんこいテレビ報道部アナウンサー・記者)

吉田圭 (FMあおぞら社長・パーソナリティー)※FMあおぞら=宮城県亘理町のコミュニティFM

<ヤフー特設ページ概要>

ビッグデータをもとに東日本大震災当時の被災地のニーズを分析。本企画に際してNHK、フジテレビにもデータを提供、情報配信のあり方をデータの観点から考える。Yahoo!JAPANで検索やメディア・ECなど多岐に渡る事業を通じて蓄積したビッグデータをAI技術で分析。独自のビッグデータで、今回の共同企画を支援する。災害時の情報発信に関する「アンケート」も募集する。

<ページタイトル>

「『その時』メディアに何ができるか」

<URL>

https://yahoo.jp/O0dCEC