「マツダ3」の 2.0LガソリンモデルにAWD車を追加

©株式会社モータープランニング

マツダは、「マツダ3」のスカイアクティブ-G 2.0ガソリンエンジン搭載車にAWDシステム「i-ACTIV AWD」を設定し、3月12日から発売すると発表した。今回の追加設定により「マツダ3」は、ガソリン車、ディーゼル車の全機種でAWD車が選択可能になっている。

「i-ACTIV AWD」は、タイヤの回転やGセンサーの情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測。状況に応じて前後輪へのトルク配分を自動的に最適化するシステムだ。

これにより雨や雪などの滑りやすい路面はもちろん、ドライ路面においても4輪のタイヤの力を効率的に引き出せるようにトルクを配分し、スムーズで安定した走りを実現。さらにG-ベクタリングコントロール(GVC)の協調制御も採用し、ニュートラルなコーナリングを生み出すことができる。

マツダ 2.0 AWD 価格

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

マツダ マツダ3 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト