劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』新映像!“愛してる”の実感を描く物語に

©株式会社シネマトゥデイ

高瀬亜貴子が描き下ろした“モーニング”B2ポスタービジュアル - (C) 暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』シリーズプロデューサーの八田真一郎によると、4月24日公開の『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は“愛してる”という言葉の意味がわからなかった少女ヴァイオレットの生き様にフォーカスした物語になるという。あわせて、ヴァイオレットの姿を描いた新映像も公開された。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特報第2弾【動画】

 テレビアニメ版が2018年に放送され、情緒あふれる世界観や繊細な心情描写、美しい映像が話題を呼んだ同シリーズは、戦争で両手を失った少女ヴァイオレット(声:石川由依)が手紙の代筆業を通じてさまざまな人と出会い、依頼主の人生に触れていくさまを描く京都アニメーション作品。完全新作劇場版では、石立太一監督や脚本の吉田玲子らおなじみのスタッフが再集結した。

 テレビシリーズでは語り部的な役割を担うことも多かったヴァイオレットだが、八田プロデューサーいわく、劇場版は「ヴァイオレット・エヴァーガーデンの生き様そのものにフォーカスを合わせているので、そこが大きな見どころになると思います」とのこと。

 感情を持たず、“道具”として戦地をくぐり抜けてきたヴァイオレットは、上官のギルベルト(声:浪川大輔)が最後に告げた“愛してる”という言葉の意味を理解するため、手紙の代筆業についた。テレビシリーズではそんな彼女が“愛してる”の意味を少し掴むまでが描かれたが、八田プロデューサーは「『劇場版』はまさにその“愛してる”をベースにした展開」だと語る。「ヴァイオレットがどんな形で“愛してる”を実感するのか? そこをぜひ見届けて欲しいですね」

 あわせて、ヴァイオレットの姿が収められた特報2弾映像と、キャラクターデザインの高瀬亜貴子が描き下ろした“モーニング”B2ポスターのビジュアルも公開に。このビジュアルは本日から上映予定劇場で発売となるムビチケの特典となっている。(編集部・吉田唯)