鳴戸親方「上越場所見にきて」 4月8日の巡業 市訪れPR

©株式会社新潟日報社

大相撲上越場所の開催をPRする鳴戸親方=13日、上越市

 新潟県上越市の県立武道館「謙信公武道館」で4月8日に開かれる春巡業大相撲上越場所(県相撲連盟、新潟日報社など主催)を前に、日本相撲協会の鳴戸親方(元大関琴欧洲)が13日、同市役所を訪れ、村山秀幸市長に巡業をPRした。

 上越市での巡業は4年ぶりで、昨年12月に開館した謙信公武道館のオープン記念事業の一環。白鵬、鶴竜両横綱や、新潟市北区出身の豊山関ら約200人の力士が参加予定だ。

 鳴戸親方は「素晴らしい武道館で、ぜひ大相撲を見て盛り上がってほしい。地域の人たちとの触れ合いも楽しみ」と語った。村山市長は「ファンの方々も楽しみにしている。期間中は高田城址(じょうし)公園観桜会も開かれているので、花見と合わせてにぎわってほしい」と述べた。

 これに先立ち鳴戸親方は県庁を訪れ、米沢朋通副知事に巡業をアピールした。