沖縄で女性運転手感染確認

60代、クルーズ船の客と接触か

©一般社団法人共同通信社

沖縄県内での新型コロナウイルス感染者の確認を受け、県庁で開かれた危機管理対策本部会議で発言する玉城デニー知事=14日午後

 沖縄県幹部によると、県内で60代の女性タクシー運転手1人が14日、新型コロナウイルスに感染したことを確認した。九州・沖縄での感染確認は初めて。

 県によると、1日に那覇に寄港し、現在は横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者と接触した可能性が高い。県は接触した可能性がある約200人の健康観察を進めており、症状があるのはこの1人だけだという。