【チャンピオンズリーグ】チェルシーやバイエルンでプレーしたバラック氏 古巣対決の勝敗を予想「経験値の差が物を言う」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏は、共にプレーした経験を持つチェルシーとバイエルン・ミュンヘン戦の勝敗を予想した。

【プレミアリーグ】「突出した才能を持っている」チェルシーとバイエルンでプレーしたバラック氏がハドソン=オドイに太鼓判

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で実現したビッグマッチは、2月25日にスタンフォード・ブリッジで1stレグが行われ、3月18日にアリアンツ・アレーナで2ndレグが開催する。バイエルンはブンデスリーガ7戦無敗と好調を維持し、対してチェルシーはプレミア直近5試合で1勝のみと対照的な状況に。バイエルンとチェルシーで4年間ずつプレーしたバラック氏は、フランク・ランパード監督の経験不足がドイツ王者を優位にすると語った。

【チャンピオンズリーグ】11-12シーズン決勝の再現となったチェルシーvsバイエルン ミュラーは勝利に自信「勝ち進みたい」

「バイエルンは多くの理由で有利だ。豊富な経験が彼らのアドバンテージを物語っている。チェルシーの補強禁止は彼らが若手主体にシフトすることを強いられた。彼らの監督はこの仕事の経験が浅い。バイエルンにとっては大きな利点だし、去年の秋から彼らはずっと調子がいい」。

バラックが古巣対決の勝敗を予想