これが「浦安鉄筋家族」大沢木家だ! 浦安のエクストリーム家族が爆誕!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で4月クールのドラマ24枠でスタートする「浦安鉄筋家族」(金曜深夜0:12、開始日未定)で、佐藤二朗演じる主役の大沢木大鉄を取り囲む大沢木一家のキャストが決定した。

同作は、浜岡賢次氏による「週刊少年チャンピオン」で25年以上連載を続けている同名ギャグ漫画が原作。どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、エクストリーム・ホームコメディーだ。大鉄(佐藤)をはじめ個性豊かな大沢木家のメンバーや、近所に住む仲間たちの“常に全力”で愛らしい浦安の日常を描く。そんな大沢木一家のキャストは、料理上手で子煩悩、普段はおしとやかだけれどもスイッチが入ると誰にも暴走が止められない大鉄の妻・大沢木順子役に水野美紀、大沢木家で一番まともに見えるが、彼氏・花丸木くんのこととなると盲目になり、恋人関係を守るためならすべてを捨てて全力奔走する長女・大沢木桜役に岸井ゆきの、アニメ・発明オタクで大沢木家の自宅警備員を務め、何回浪人しているのか誰も知らない長男・大沢木晴郎役に本多力、趣味はロックを聴くことで、いつものんびりしているが、いざという時にとんでもない反射神経を発揮する祖父・大沢木金鉄役に坂田利夫が決まった。

水野は「順子を演じるにあたって、逆に意気込みだけしかありません。それ以外はどうすれば良いのか分かりません。こんなむちゃぶりはダチョウ倶楽部さんと同じ芸歴である、私の女優人生の中でも初めてのことです。どうすれば良いか誰か教えてください。そして大鉄役の佐藤二朗さんの印象はクレイジー。恐ろしいです。このドラマはコンプライアンスに抵触していそうなところが見どころ。岸井ちゃんの入浴シーンもあるかもしれません。ないかもしれません」と期待と不安を抱いている様子。

入浴シーンが期待されている岸井は「数多くのファンの方がいるこの作品にかかわることはプレッシャーが大きく、漫画を読み返しては悩んだりもしました。ですが、台本が届き、読みはじめた瞬間に文字から飛び出す楽しげな大騒ぎとそのハチャメチャさに、今はただワクワクしています。周りにどう思われようと、なにが起きようと、なんだかんだ家族を愛している大沢木家同様、私もこのチームを愛し、最終回まで突き進んでいきたいと思います!」と意気込んでいる。

本多は「原作のパワーがすごすぎるので、『果たしてどんなドラマになるんだ!!』という興味とドキドキを抱えながら脚本読みましたら、読めば読むほどに『どんな撮影になるんだ!!』とさらなるドキドキがやってきました。ほんとにどんなドラマになるか想像できないですが、とにかくうるさい、いや、騒がしいドラマになるはずです」と期待を寄せた。そして坂田は「こんなにも自分に似ているキャラクターがいるのかと驚きました。今までさまざまな役を経験しましたが本当に似ています(笑)。大沢木家一丸となって視聴者に喜んでもらえるように頑張ります」と自分と似ているキャラクターに驚きつつも気合十分だ。

ほかに、坊主頭がトレードマークで勉強嫌い、けれど学校では連続登校記録を更新し続けている浦安一のおバカな小学生、大沢木家の次男・大沢木小鉄役は、天才子役との呼び声が高い斎藤汰鷹がオーディションにて決定。さらに大沢木家の三男・大沢木裕太役には、テレビ東京の諸事情で某スタッフの愛息子・キノスケが決まっている。