宇陀市で食中毒 料理店に3日間の営業停止処分

©奈良テレビ放送株式会社

 今月7日の昼に宇陀市の料理店・蘇生で定食を食べた60代から70代の女性5人が、下痢やおう吐などの症状を訴えていることが分かりました。

 このうちの4人と、この店の調理者2人からノロウイルスが検出されたことなどから、中和保健所は、この店が調理した食事が原因の食中毒とし、この店をきょうから3日間の営業停止処分にしました。なお、重症者はおらず全員が快方に向かっているということです。