『クワイエット・プレイス』エミリー・ブラント、Amazon×BBCの西部劇ドラマに主演!

©株式会社WOWOW

夫で俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本・製作・出演を務めた大ヒットホラー映画『クワイエット・プレイス』シリーズや、ディズニーのミュージカル映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の主演で知られる英国女優のエミリー・ブラント。主に映画界で活躍しているエミリーが、米Amazonと英BBC合作による西部劇ドラマ『The English(原題)』に主演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

『The English』については現時点では複数のパートで構成されることしか分かっておらず、エミリー以外のキャストや概要などの詳細も不明。復讐サスペンスドラマ『女医フォスター』や、アフリカのルワンダで起きた虐殺事件をテーマにしたNetflixのスリラードラマ『ブラック・アース・ライジング』を製作したDrama Republicがプロデュースを手掛けるとのこと。また、その『ブラック・アース・ライジング』をはじめ『オナラブル・ウーマン 熱砂の女』『シャドウ・ライン』といったドラマで監督・脚本・製作を手掛けてきたヒューゴ・ブリックがスタッフとして加わる。

キャリア初期に『刑事フォイル』『名探偵ポワロ』といった英国ミステリードラマにゲスト出演したものの、ドラマで主要キャラクターを演じたのは2005年に米ABCで放送された全6話の歴史劇『EMPIRE -エンパイア-』のみとなるエミリー。これまでに西部劇に出演したこともない彼女にとって、『The English』は新境地を開く作品となりそうだ。

2006年のロマコメ映画『プラダを着た悪魔』でアン・ハサウェイ演じる主人公の同僚エミリー役で注目され、その後に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』やトム・クルーズと共演したSFアクション映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、ユアン・マクレガー共演の『砂漠でサーモン・フィッシング』、ベストセラー小説の映画化『ガール・オン・ザ・トレイン』などに出演。現在は、5月8日(金)封切りとなる『クワイエット・プレイス』シリーズ続編、7月24日(金・祝)公開のディズニー映画『ジャングル・クルーズ』ら数多くの待機作が控えている。(海外ドラマNAVI)

Photo: