「2020年スーパーGTは例年以上に盛り上がる」GTA坂東代表がアピール/大阪オートメッセ2020トピックス

©株式会社サンズ

 自動車カスタマイズイベントの『大阪オートメッセ2020』が2月14日から16日までの3日間、インテックス大阪で開催されており、同イベントで恒例となっているスーパーGTのPRイベントが今年も展開されている。

 イベント初日となる14日(金)は、メインステージで『SUPER GT 2020 seriesスペシャルステージ』が行われ、GTAの坂東正明代表や大嶋和也、高木真一、福住仁嶺、武藤英紀らの現役GTドライバー、シリーズ公式アナウンサーのピエール北川氏が登壇。

 坂東代表は「今年は18年ぶりにスープラが復活し、GT500はクラス1規定となる3メーカーが同一規則の元でのガチンコ勝負となる。スーパーGTのスゴさをもっと多くの人に知ってもらいたい。ぜひ会場に足を運んで実際のスゴさを見てほしい」と会場にいる来場者に呼び掛けた。

GTA坂東代表(写真右)とステージの司会進行役のピエール北川氏
メインステージでのスーパーGTドライバートークショーには(写真右から)タレントのこにわ、武藤英紀、福住仁嶺、高木真一、大嶋和也が登場

 大阪オートメッセ2020では、このようなスーパーGTドライバーによるトークショーが3日間、毎日実施されるだけではなく、マシンの展示やサイン会といったスーパーGT関連の展示や催事が行われている。

 会場に入ってすぐの西ゲートには2019年シーズンのGT500、GT300クラスチャンピオンマシンであるWAKO’S 4CR LC500と、ARTA NSX GT3が置かれている。この2台は展示のみならずエンジン始動のデモンストレーションが行われる。

 また、スーパーGTブースでは、オリジナルグッズやチケット・年間パス等の販売も実施。さらに、ドライバートークショー&サイン会も行われる予定だ。そして屋外会場では子供向けにキッズカート体験会が開催される。

スーパーGTマシンのエンジン始動デモの人気は高くご覧のような人だかり
スーパーGTブースでは、アパレル、グッズのみならず、チケットや海外戦のツアーも販売している

 この他、自動車メーカーのブースでもGTマシンが置かれておりトヨタとホンダは、2020年シーズンに投入されるクラス1規定のマシンを展示している。

 また、イベントではスーパーGT以外のモータースポーツ関連車両の展示や、プロドライバーのトークショー等が行われているため、クルマ好きやモータースポーツファンの方は会場に足を運んでみてはいかがだろうか。入場料や会場アクセスなど詳細は大阪オートメッセ公式ホームページ(https://www.automesse.jp/)まで。

ホンダブースには、クラス1規定のフロントエンジンとなったNSX-GTが展示
ニッサンブースでは、昨年のGT500マシン・モチュールGT-R
18年ぶりにスープラと名の付くマシンがスーパーGTに登場する
ル・マン優勝車のTS050 HYBRID(トヨタブース)
ル・マンやダカールラリー等の普段目にすることの少ないトロフィーも展示(トヨタブース)
WRC世界選手権参戦車両のヤリスWCR(トヨタブース)
WRC参戦を視野に開発されたGRヤリスのラリーコンセプト(トヨタブース)
スバルブースには、スーパーGTマシンのほかにニュル24時間レース参戦車や全日本ラリー参戦車も
マツダブースにはスーパー耐久に参戦する車両が展示
佐藤琢磨の2017年のインディ500優勝車(NGKブース)
OTGブースではプレニアムドライバートークショーを実施
谷口信輝と片岡龍也のレーシングドライバーのトークショー(神戸トヨペットブース)
奴田原文雄、新井大輝のラリードライバートークショーも実施(神戸トヨペットブース)