どこで狙う!? 石原さとみ&吉岡里帆の聖火ランナー選出で、パパラッチが“乳揺れショット”激撮宣言

©株式会社サイゾー

 取材カメラマンは今からあの2人を激撮する日を心待ちにしていることだろう。

 1月以降、各都道府県で聖火ランナーが続々と発表されている。のん、ももいろクローバーZ、指原莉乃、井森美幸、竹下景子、紺野美沙子、常盤貴子など若手から大御所女優までがズラリ。

「驚いたのは、長崎県から出走となった石原さとみです。聖火ランナーに選ばれた多くの芸能人やスポーツ選手は、故郷やゆかりの地を走るのですが、石原の場合は、10年以上前に仕事で被爆者に出会い、感銘を受けてその後もプライベートで会いに行ったという、かなり強引な“ゆかり”で選ばれたことに業界内から失笑も漏れています」(週刊誌記者)

 また2月13日には、女優の吉岡里帆が、『綾鷹』ブランドアンバサダーとして聖火ランナーに決定したことが発表された。

「運動のイメージはまったくない吉岡ですが、『綾鷹』が東京五輪の公式緑茶であることから、CMキャラクターの彼女が大役を任されることになりました。吉岡も『人生で1度しかない経験ですので、本当にうれしく思っております』とコメントしています」(芸能ライター)

 ネット上ではこうした必然性のないランナー選考に眉をひそめる向きも多いが、歓喜しているのがカメラマン、それも“ハプニングカメラマン”たちだ。ベテランのパパラッチが言う。

「現在発表されているタレントランナーの中で、“撮り応え”なら石原と吉岡の2強でしょう。ランナーとなれば、乳揺れさせながら走るのがお約束。走るルートも事前にわかるなら、ベストショットが撮れるポジションを下調べしておくこともできますから、当日は激しい場所取り合戦になるのは確実です。DカップともEカップとも言われる2人の極上バストの揺れを間近で堪能しつつ、これでもかと撮りまくってきますよ」

 五輪選手が闘う前から、すでにカメラマンの闘いは始まっているようだ。