梅宮辰夫さんへの思い…。妻、娘、孫の3世代が涙ながらに語る

©株式会社東京ニュース通信社

2月16日のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」(日曜午前7:00)では、梅宮クラウディア、アンナ、百々果の3世代トークが初めて実現。去年12月12日、慢性腎不全のため81歳で旅立った梅宮辰夫さん。四十九日を終えたこと、そして娘のアンナが「落ち着いて話せるようになった、階段を一段上がれたかなと思う」タイミングということで、3人しか知らない辰夫さんとの思い出話、4年間もの間続いた闘病生活、そして最後の日に何があったのかを涙ながらに語る。

収録の場所に選ばれたのは、東京・銀座の鉄板料理「銀座うかい亭」。辰夫さんが愛した名店の一つ。アンナは「(「銀座うかい亭」には)去年9月か10月に一緒に来て、ここでお肉食べたんだよね。お客の中でも一番レアで食べていたと思う。レアよりも生の“ブルー”で」と和やかにトークがスタート。アンナは百々果さんが生まれて、梅宮家は一変したと話し、「離婚して良かった。百々果がいなかったら、こんなに家族と一緒にいなかった。パパにとって百々果は“命”だった。私は核家族が多い中、“サザエさん一家”に憧れていた」と語る。

そんな百々果さんは、都内のインターナショナルスクールに通い、高校生活は「超楽しかった」と振り返る。日本の厳しい学校に通ったアンナは、俳優の娘として“色眼鏡”で見られていたと感じ、百々果さんの学校選びには慎重になったという。百々果さんは今、アメリカの大学を目指しており、キャンパスライフを今から楽しみにしているという。アンナが「芸能界に興味は?」と聞くと「ない」ときっぱり。その理由が初めて明かされる。

そして辰夫さんの闘病生活に話が及ぶと、アンナは「4年間、闘病生活があって、十二指腸を取ってから体重が増えなくなって。去年3月に透析が始まって…どんどん身動きが取れなくなってね。心も破壊されていったのかなって思う」と言うと、クラウディアさんも「悔しかったんでしょうね」と振り返る。さらに、透析が始まると辰夫さんが今まで見たことのないような一面を見せたといい、アンナは「もし時間が戻るなら…」と、家族として辰夫さんにどんな治療をさせたかったのかを語り始める。