ロンブー淳×FUJIWARAが移住のリアルをのぞき見!「心が安らぐ感じがした」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系では2月23日に田村淳(ロンドンブーツ1号2号)とFUJIWARA(原西孝幸、藤本敏史)が移住のリアルをのぞき見体験する「前略 ロンブー淳様 私、移住しました」(午後4:00=SBC信越放送制作)を放送。淳は「都会じゃなくて田舎で自分らしく生きるというのは、心が安らぐ感じがしました。移住者が今までの生活とどう変わって、心豊かに生活しているのかという部分を見てほしいです」とアピールしている。

番組では、都会の喧騒から離れて理想の暮らしを求め田舎へと移住した、20~40代の若者の実態を調査。「移住したい都道府県ランキング」で14年連続1位(※宝島社「田舎暮らしの本」2020年2月号読者アンケートランキング)の人気No.1の移住先・長野県を淳とFUJIWARAが訪れ、個性あふれる3人の移住者から届いた手紙を元に自宅を訪問。移住する前と後での生活の変化、仕事やお金のこと、そしてそれぞれが求める生き方など、移住に隠されたさまざまな人生を紹介する。

まず3人は、花火に一目ぼれし、長野県阿智村に移住した伊東家のもとへ。長野県の山あいにある小さな村・阿智村では、村民が手作りした花火を秋の祭りで奉納。そんな伝統花火に一目ぼれし、家族で移住すると“勝手に”決めたという伊東さんと、都会育ちの妻、やんちゃ盛りの二男一女を紹介。家族が暮らすのは家賃5000円の住宅。定番の朝食は、庭で飼っている鶏が産んだ卵に自家製しょうゆをたらす玉子かけごはん、そしてもらい物の大根と自家製みそで作るみそ汁だ。移住先で奮闘する家族と交流した藤本は「穏やかな気持ちになる、お笑いやめようかな(笑)」とポツリ。

続いて、華麗な経歴を置いて長野県東御市に移住した福田さんを訪ねた3人。ピアノの先生を母に持つ音大卒のお嬢さま、福田さんが、移住先の東御市で夢中になったのが「狩猟」。彼女の仕事は、築90年を超える民家を改装した民泊の管理人。家賃は0円だ。気ままに生きる女性の暮らしぶりをのぞかせてもらうと、そこには“地域との絆”があった。さらに、冬は氷点下にもなる長野県小海町で、あえて家の隣にある物置で生活する30代の平田さんのもとを訪ねると、食事はたき火で調理し、寝袋で極寒の夜を過ごすというワイルドぶり。電気代は月々たったの600円! そんな平田さんは、家も金もいらないが、夢を実現するため欲しいものが一つだけあると告白する。また、冬の野外シャワーを体験した原西は「ぬるっ! 風が吹くとめっちゃ寒い」とぼやく。

移住生活に触れた藤本は「こういう田舎の暮らしもすごく良いと思います。移住者の暮らしを体感すると感謝できるよね。食に対して。素朴なおいしいグルメをぜひ皆さんに知っていただきたいです」と訴え、原西は「小遣い4万円で愚痴を言ってる場合ではなかったです。移住者と地域のつながりに温かさを感じました」と話している。