文化芸術ホール 基本計画策定へ 長崎市庁舎別館跡地 公園と駐車場に

©株式会社長崎新聞社

取り壊し後に文化芸術ホールを建設予定の市役所本館(右)と、都市公園や駐車場を整備予定の別館(左手前)=長崎市勝山町

 長崎市は、市庁舎移転後の本館跡地(桜町)に建設する文化芸術ホールについて、整備方針を盛り込む基本計画策定費2400万円を新年度一般会計当初予算案に計上した。
 ホールは整備を計画していた県庁跡地(江戸町)の発掘調査で江戸時代の長崎奉行所西役所などの遺構が出土したため、県庁跡地を断念して本館跡地に整備する。
 基本計画には、ホールの具体的な整備方針や施設機能、管理運営方法などを盛り込む。策定期間は2020年度から21年度まで。策定後に設計、着工する。完成は26年度の見込み。
 このほか市庁舎別館跡地整備費として2800万円を計上した。現在は上下水道局などが入る別館跡地に約2800平方メートルの都市公園を整備し、地下に約170台が入る公用車駐車場を建設する方針。新年度は地質調査や駐車場の設計をする。別館は取り壊し後、埋蔵文化財調査を実施する。