クルーズ船の米国人17日帰国へ

横浜港から羽田空港にバス移動

©一般社団法人共同通信社

横浜・大黒ふ頭に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のデッキやベランダで過ごす乗船者ら。体操をする人の姿も見られた=15日午前10時28分

 【ワシントン、東京共同】在日米大使館は15日、米国務省が新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から米国人乗客らをチャーター機で帰国させると発表した。チャーター機は16日夕に日本に到着し、米国人はバスで移動する。日本政府当局者は、17日に羽田空港から出発する予定だと明らかにした。

 世界保健機関(WHO)は中国国外での感染拡大は同船だけに「劇的な増加」が見られると指摘。米国内では船内に乗客乗員を待機させ続ける日本政府の対応を疑問視する声が高まっており、米政府は早期の帰国が必要と判断したとみられる。