無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

©株式会社マイナビ

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。

毎日“お茶碗一杯分”が無駄になっている!?

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

日本での食品ロス(まだ食べられるのに廃棄される食品)は、国民1人あたりに換算すると、毎日"お茶腕約1杯分・約139g(※)"ほどの量ということ、皆様はご存知でしょうか?

(※)消費者庁 | 食品ロスについて知る・学ぶ
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/education/

とても「もったいない」ですよね。食材はもちろんですが、買い物や調理するには手間も時間もお金もかかっています。それらは、家族においしい・栄養のあるものをと用意したものだったかもしれません。その気持ちや時間が無駄になってしまうのも、とても「もったいない」と思うのです。

ほんのひと手間プラスすることや、知ることで、食品ロスは減らすことができます。まずは、できることからはじめてみませんか?

容器に残った食材も使い切る!

資源回収に出すために、はちみつのボトルや、調味料が入っていた瓶、ふりかけの袋などを洗うときに、中身が残っていて「もったいない」と思ったことありませんか? 貧乏性の私は、徹底的に使い切りたいので、最後にひと手間かけるようにしています。

はちみつのボトル

例えば、はちみつのボトル。逆さにしても、はちみつが出なくなったら、生姜を切って中に入れています。

出典:https://aika-katazuke.com/

数時間経ってからボトルを軽く振ると、生姜からでた水分とハチミツが混ざって、ボトルからきれいにハチミツをだすことができます。マグカップなどに入れて、お湯を足せば、ハニージンジャーのでき上がり。生姜が苦手な方は、レモンなどでもいいですね。この季節体も温まるので、おすすめです。

豆板醤の瓶

たまにしか使わない調味料は、使い切れずに賞味期限を過ぎてしまう……なんてことも少なくないですよね。そんなときは、よく作る料理にプラスするとグッと使いやすくなります。例えば、豆板醤。お味噌汁に入れると、中華風のお味噌汁になります。いつもと同じお味噌汁の味変は、家族にも喜ばれるのではないでしょうか? コチュジャンで韓国風にするのもいいですよ。

ふりかけの袋

お弁当やおにぎりを作るときにも大活躍のふりかけ。最後は、袋の中にご飯を入れて振ってみてください。丸いふりかけおにぎりができ上がります。

どれも、最後にひと手間かかりますが、中身を使い切れるだけでなく、洗う手間も軽減できるので、やってみる価値あり!

野菜の芯や葉は、捨てずに食べきる

捨てられている野菜の芯や葉も、実は食べられるものが多いです。おいしく食べきりましょう。

だいこん(かぶ)の葉

だいこん(かぶ)の葉を甘辛く炒めてふりかけにするなどのレシピも見かけますが、ちょっと面倒……。そんなときは、刻んで塩こんぶと一緒に、ご飯と混ぜると楽ちんでおいしいです。わが家では、ごま油をプラスして、おにぎりにすることが多いのですが、中学生・高校生の子どもにも好評です。

出典:https://aika-katazuke.com/

ブロッコリーの芯

茹でて、マヨネーズをつけて食べても十分おいしいですが、実はぬか漬けもオススメです。最近は、発酵済みの袋に入ったぬか床もあるので、ぜひ試してみてください。皮を剥いて、茹でてから漬けてもおいしいですし、生のまままだとコリコリした食感を楽しめます。

出典:https://aika-katazuke.com/

また、ジャガイモや南瓜のポタージュを作るときなどに、一緒に茹でてフードプロセッサーにかけることもあります。ブロッコリーの芯と分かると食べたがらない子ども達も、ぬか漬けやスープだと全く気にならなくなるようです。

しいたけのじく

毎週しいたけを購入するわが家では、毎回じくをほぐして料理に混ぜたりするのは、ちょっと面倒……。そこで、じくだけまとめて冷凍しています。

何パック分かたまったら、玉ねぎとコンソメと一緒に煮て、フードプロセッサーで撹拌。後は、牛乳や生クリームを入れて、しいたけポタージュに。わが家では人気のメニューです。

残った食材は、お1人様メニューで食べきる!

干しエビや干し椎茸、高野豆腐など、ちょっとだけ食材が残ること、ありませんか? 乾物は調理に手間がかかることも多く、ちょっとだけのために調理するのも……ととまどいますよね。また、乾麵やもち米なども中途半端に残ることが多い食材です。

こんなときは、必要な分だけ作りやすい「パッククッキング」がいいですよ!

残った乾物やもち米で、おこわや温麺などの1人ランチと一緒に離乳食を作ったりもできるので、とても便利です。

まとめ

食材を無駄にしないためには、日々ちょっとだけ意識してみることが大切です。また、続けていくためには、楽であることも大切。ぜひ、簡単に取りかかれるものから、実践してみてください。