コスモスポーツ | マツダ - 文字通り宇宙から飛んできたかのような未来的なスタイル【旧車】

©株式会社ライトアップ

宇宙船のようなスタイルは、夢のエンジンを載せて疾走るためのもの

・モデル名 :コスモスポーツ(後期型・L10B型)
・メーカー名:マツダ
・年式 :1972
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑
・撮影者 :ミノ

世界で初めて、ロータリーエンジンを実用化したスポーツカー

つい数年前まで、マツダと言えばロータリー、ロータリーと言えばマツダ・・・とまで言われていた、ロータリーエンジン。
理想的な仕組みと言われながらも、世界でだれも実用量産化にこぎつけることができなかったドイツ生まれの夢のエンジンを、遠く離れた極東の島国のさらにそのまた外れのほうの小さな自動車メーカーがこれまた小さなスポーツカーに載せてしまった。
それが1967年に発売された、いわずとしれたマツダ・コスモスポーツだ。

現在ほとんどのクルマに搭載されている、オットーサイクルと呼ばれるエンジンは第二次大戦前には基本的な仕組みが完成されていて、その後はひたすら基本に則って技術を磨き上げてきたものだといっていい。