設楽悠太(ホンダ)優勝 熊日30キロ

©株式会社熊本日日新聞社

熊日30キロロードレースの男子1位でフィニッシュする設楽悠太(ホンダ)=16日午前、熊本市中央区のびぷれす熊日会館前(後藤仁孝)

 熊本城マラソン2020(熊本市、熊本陸上競技協会、熊本日日新聞社による実行委員会主催)は16日、熊本市中心部を発着するコースであり、降りしきる雨の中、熱いレースを繰り広げた。

 大会は3部門で行われ、同市南西部を巡る金栗記念第64回熊日30キロロードレースは男女計98人が出場。男子はマラソン前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が1時間29分47秒で初優勝し、女子は松本亜子(デンソー)が制した。

 9回目となった「歴史めぐりフルマラソン」は約1万3千人がエントリーし、男子は河野孝志(豊岡RC)が優勝。「復興チャレンジファンラン」(3キロ)は約1500人が元気に市街地を駆け抜けた。