AERA(アエラ)じゃなくて、NyAERA(ニャエラ)!?

©株式会社ジェイ・キャスト

ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)の、猫を特集した臨時増刊号「NyAERA2020」(朝日新聞出版)が2020年1月18日より発売されている。

写真は、「NyAERA2020」(朝日新聞出版)

表紙を飾ったのは、花畑にたたずむ役者猫のベーコン。表紙の撮影は、動物写真家の岩合光昭さんによって行われた。本誌には、撮影時の奇跡的なエピソードやベーコンの魅力を熱く語る岩合さんのインタビューも収録している。

誌面では、「ざんねんないきもの事典」などで知られる動物学者の今泉忠明先生による、「ちっとも残念じゃないねこ図鑑」と題した、猫の魅力の検証企画を掲載している。

また、猫の研究者集団CAMP NYAN TOKYOが解明に迫る猫のアタマとココロの動き、留守中の猫の行動がリアルタイムでわかる猫専用首輪型ウェアラブルデバイスなど、科学やテクノロジーに関する情報も多数収録、かわいい愛猫がいる方は特に注目の内容だ。

「NyAERA2020」(朝日新聞出版)には特別付録として、伊藤潤二先生ら人気漫画家6人が描きおろしたカレンダー「ニャレンダー」や、 防災の手引きと持ち出し品チェックリスト、愛猫の健康カルテ、もしものときに使える猫の捜索ポスターが付いてくる。

  • 書名:NyAERA2020
  • 出版社名: 朝日新聞出版
  • 出版年月日: 2020年1月18日
  • 定価: 900円+税

(BOOKウォッチ編集部)