「女性が巨乳化すると結婚数が減る」のは本当か

©株式会社マイナビ

女性が巨乳化すると結婚数が減る。

そう言われたら、どう思いますか?むしろ逆じゃないのか、と思いますか?

昨今、女性のバストサイズはかなり大きく伸長しています。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社による「下着白書 vol.19」によれば、1980年58.6%を占めていたAカップが、2018年にはわずか2.1%にまで縮小し、かわりに、4.5%だったDカップ以上が2018年には53.1%と大きく伸長しました。Eカップ以上でも26.8%と、4人に1人はEカップ以上ということになります。

興味深いのは、この女性のバストサイズの推移と34歳までの初婚女性の婚姻数の推移とを見ると、完全な「負の相関関係」にあるということです。

相関係数=マイナス0.9712ですから、ほぼ「-1」に近い強い相関です。※相関係数が1に近いほど強い正の相関を、-1に近いほど強い負の相関を表す

つまり、「女性が巨乳化すると男たちは結婚しなくなる?」という仮説が成り立つわけです。

あくまで相関ですから、「女性が巨乳化すると婚姻数が減る・未婚化が進む」などとそこに因果を求めてはいけませんが、この相関に「逆ではないのか?」と思う方も多いのではないでしょうか?

全般的に男性は「女性のおっぱいが好きである」というイメージがあると思います。女性のバストサイズが上がるのであれば、むしろ婚姻数は増えると考えるほうが辻褄が合う、と。

今回は、余計なお世話といわれるかもしれませんが、そのあたりについて考えてみたいと思います。

■日本における「おっぱい文化」の歴史

◇江戸時代は性的に重要視されていなかった

実は、元来、日本の男性たちは、女性の乳房にあまり性的魅力を感じてはいなかったという説があります。

江戸時代、美人画や春画が栄えましたが、男女のセックスシーンを描いた春画でさえ、女性の乳房に対しては、有名な葛飾北斎の『喜能会之故真通』中の一場面(通称「蛸と海女」)に見られるように、乳房と乳首は、子どもの落書きのようなぞんざいな描かれ方をしています。

これは、江戸時代まで、乳房は主に「子育ての道具」と認識されていたようで、男性にとっての性的関心の対象外だったからといわれています。当時、銭湯は男女混浴でしたし、女性の裸体というものが「秘められたもの」ではなかったからという見解もできます。

鈴木春信や喜多川歌麿及びその弟子筋の描く春画の中には、乳房を性的対象と表現したものも存在することはしますが、圧倒的に点数は少なかったようです。

◇戦後1950年代後半「グラマー」な女性が注目される

日本において「おっぱい文化」が花開いたのはやはり、戦後です。

今では死語ともいうべき「グラマー」という言葉があります。日本では、1950年代後半頃から使われるようになりました。

実は、英語の「glamour」とは、「魅力的な美貌」全体を指す言葉でもあり、肉体だけを指すものではありません。しかし、日本では主にいわゆる「ボンキュッボン」という大きな胸・くびれたウエスト・大きなお尻というプロポーションを指す言葉として広まった和製英語です。

1959年、ミス・ユニバースで児島明子さんが優勝しますが、彼女は168㎝の高身長に、B94W58H97という現代の女性も驚く、まさにグラマーな女性でした。

◇1960年代後半「ボイン」という言葉が流行

「グラマー」と同じように現代では死語化している「ボイン」という言葉が世に輩出されたのは1960年代の後半、日本テレビ『11PM』という番組内でした。

司会の大橋巨泉さんが放送中に、アシスタントだった女優・朝丘雪路さんの胸を「ボイン」と言ったことから流行ったとされています。今ならセクハラ発言だと、大問題になるはずです。

その後、60年代後半から70年代に入り、ミニスカートを大流行させたファッションモデルのツイッギーの来日などで、一時期スレンダー美女時代に突入しましたが、70代後半に元祖グラビアアイドルと評されるアグネス・ラムの登場により、再度女性の胸に注目が当たります。

◇1980年代「巨乳」のグラビアアイドルが多数登場

80年代に入り、野田義治社長率いる芸能プロダクションのイエローキャブが、堀江しのぶ、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ、佐藤江梨子、小池栄子、MEGUMIなど胸の大きなグラビアアイドルを次々とデビューさせ、ここで「巨乳」という言葉が定着したといわれています。

偶然か、以降女性のバストサイズが右肩上がりに伸び、冒頭のグラフの通りとなっていったわけです。

■女性の巨乳化と未婚化に何か関係があるのか

日本の生涯未婚率が急上昇し始めたのは1990年からです。

もちろん、そこにはバブル崩壊などの経済的要因や、お見合いや職場結婚の衰退による影響もありますが、女性が巨乳化するとアラサー女性自身の初婚の婚姻数が減少しているという相関もまた紛れもない事実です。

ここまではっきりとした相関が見られると、女性の巨乳化と未婚化との間になんらかの関係性を考えてみたくなってしまいます。

そこで、誠に大きなお世話かもしれませんが、結婚している男性及び結婚に前向きな独身男性は「巨乳が好きなのか? 」について検証してみたいと思います。

◇既婚者は「巨乳が好き」

少し古いデータですが、2015年一都三県(東京・神奈川・千葉。埼玉)在住の20~30代の未既婚男性に対して、「好みの女性のタイプあれこれ」を調査したことがあります。

その中に、「巨乳」についての質問がありましたが、既婚男性は7割近い68%が「巨乳派」でした。

もちろん、ここでの巨乳がどれくらいのサイズを示すものかは回答者個人によって異なるとは思いますが、20~30代で結婚した男性は圧倒的に「巨乳好き」といえます。

◇結婚意欲の低い男性は「巨乳が好きではない」?

興味深いのは、独身男性でも「結婚意欲の高い=結婚したい、するつもりだ」派は、「巨乳が好き」が61%と、既婚男性とほぼ変わらない高さであるのに対して、「結婚意欲の低い=まだ結婚するつもりはない、しないつもりだ」派は41%と過半数を割り、「巨乳好き」の割合がぐっと下がることがわかりました。

これを先ほどの「女性のバストサイズと婚姻数」の相関に、無理やりこじつけるとすれば、女性全体の巨乳化に伴い、元々「巨乳が好き」な独身男性にとっては喜ばしいことでしたが、彼らはそもそも結婚に前向きな男性たちで、今は独身でもいずれは既婚者になる人たちです。

婚姻数を伸ばすためには「結婚意欲の低い男性」に結婚を意識してもらうことが重要。

しかし、世の女性たちがこぞって巨乳化してしまったことで、「巨乳を好まない」が半分以上を占める彼らの「結婚意欲が失せた」と考えることもできるのです(ちょっと無理矢理?)。

そもそも最初から彼らの「結婚意欲が低かった」ともいえますけどね。原因はほかのところにあると考えるのがやはり自然かもしれません。

男性の“受け身体質”が未婚化を呼んでいる?

前掲グラフの他の指標もいろいろと興味深い結果が出ています。

未婚も既婚も結婚する相手に「専業主婦志向」を求める割合は2割前後で低いのですが、結婚に前向きな未婚男性だけは「バリバリ仕事をする女性」に惹かれるという点があります。同じ共働きでも、夫の補助的にパートなどの仕事をするのではなく、両輪として活躍してほしいという意図もくみ取れますね。

特筆すべき点は、「女性から連絡をしてくる」という、男女の関係性における男性の「受け身体質」です。

既婚男性はかろうじて半分以下の49%に収まっていますが、未婚男性は、結婚意欲に関わらず、むしろ「結婚意欲が高い」未婚男性のほうが受け身です。なんと67%が「相手からの連絡を待つタイプ」なのです。

今の未婚化は、女性のバストサイズの問題というより、こうした未婚男性たちの「受け身体質」によるところも大きいのかもしれません。

(荒川和久)

※写真はイメージです