災害発生へ備え、知識学ぶ 北区防災フォーラム

©株式会社新日本海新聞社

防災すごろくに挑戦する子どもたち=15日、大阪市北区の北区民センター

 災害が起きたときに備えて、対応方法を学ぶ催し「北区防災フォーラム」が15日、大阪市北区の北区民センターで行われた。応急処置の仕方や災害時のトイレ作りなど、いざという時に役立つ知識を学ぶプログラムをはじめ、すごろくなど楽しみながら防災意識を高めるコーナーもあり、多くの来場者が足を運んだ。

 防災について考えてもらおうと、大阪市北区役所が主催した。心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の紹介や、身近な材料を使って災害時の簡易トイレを作るプログラムなどが行われた。また来場者は非常食を試食し、自分に合った食料備蓄を考えたり、簡単に調理する方法などにも触れ、避難生活を乗り切る知恵を学んでいた。

 防災すごろくのコーナーでは子どもたちが楽しみながら、災害への備えや身の守り方を考えていた。ほかにも起震車で地震の揺れを疑似体験するなどしていた。