男子ダブルスは2組、女子シングルスは7選手が2回戦進出を果たす!

©早稲田スポーツ新聞会

関東学生新進選手権(新進)2日目。この日も男子ダブルスと女子シングルスの1回戦が、各大学のテニスコートで行われた。男子ダブルスは3組中2組が2回戦に進出。米原さくら(スポ3=埼玉・秀明英光)との同士討ちを制した松田岬(スポ1=東京・淑徳)をはじめ、出場した11人のうち7選手が1回戦を突破するなど、女子シングルスも順調なスタートを切った。

★7選手が2回戦進出!松田岬は米原との同士討ちを制する(女子シングルス)

石川琴美は相手を寄せ付けなかった

女子シングルスでは、第2シードの下地奈緒副将(スポ3=沖縄尚学)が登場した。「久しぶりのシングルスで、自分がどれくらいできるんだろう」と手探りの中で迎えた大会。ファーストセットは、お互いサービスキープが続く。相手のペースで進む時間帯が長くなるも、勝負どころでの粘り強いプレーが光り、第9、第10ゲームを連取。ファーストセットを獲得した。続くセカンドセットも6ー3で制し、勝利を収めた。松田望愛(文構1=東京・早実)は千原芽歩(山梨学院大)と対戦。ファーストセットを奪い、迎えたセカンドセット。相手にブレイクを重ねられ、0ー6で取られてしまう。ファイナルセットも相手の執拗(しつよう)な攻撃に粘りを見せたが、相手のプレーが上回り、2ー6で落とした。「これからは相手が嫌がるプレーを突き詰めてやっていかないといけない」と、試合後には反省の弁を口にした。

松田岬は先輩である米原さくらとの同士討ちに。第1ゲームをブレークするとその後は流れに乗り、6ー2、6ー1と完勝した。続く2回戦でも、押川千夏(社1=福井・仁愛女子)との同士討ちが控えている。この日圧巻の勝ち上がりを見せた石川琴実(社1=東京・白鵬女子)も、2回戦では渡邉早和子(社1=愛媛・新田)との同期対決があるなど、女子シングルスの今後の戦いからも目が離せない。

★樋口・渡部組は接戦をモノにできず(男子ダブルス)

樋口(右)・渡部組はあと一歩及ばなかった

樋口廣太郎(スポ3=福岡・柳川)、渡部将伍(教1=東京・早実)組は、高橋和宏・高島嶺(専大)組との対戦に臨んだ。ダブルスに特化したプレーをしてきた相手ペアの戦いに苦戦し、相手に先にブレークを許す。それでも「ファーストセットは落ち着いて、硬くならず自分のやることに専念できた」(渡部)と、要所で粘り強いプレーを見せ、ファーストセットを奪った。続くセカンドセットは、3ゲーム連続で相手に取られてしまう苦しい展開。すぐさまブレークバックするも、追い付くことはできず。10ポイント先取のスーパータイブレークに勝敗は委ねられることとなった。セカンドセットの勢いそのままに相手にポイントを重ねられ、4-9と絶体絶命の場面。しかしここから樋口・渡部組が驚異的な追い上げを見せ、9-9と同点にまで追い付くが、「あそこで引いてしまった自分が悔しい」(渡部)と、最後は相手に2本を決められ、あと一歩及ばず敗戦を喫することとなった。第5シードの本多映好(社3=岩手)・藤井颯大(スポ3=京都・同志社国際)組は終始相手をリードし、勝利を挙げた。また第6シードの畠山尚(スポ2=神奈川・湘南工大付)・増田健吾(社1=東京・早実)も相手に1セットこそ取られはしたが、順当に2回戦へと駒を進めた。

(記事 大島悠希、写真 朝岡里奈、小山亜美)

結果

男子ダブルス
▽1回戦
◯畠山尚・増田健吾 [6-2、4-6、10-6] 大石卓和・二村賢人(日大)
◯本多映好・藤井颯大 [6-0、6-4] 福田和雅・伊達佳佑(日大)
●樋口廣太郎・渡部将伍 [7-5、4-6、9-11] 高橋和宏・高島嶺(専大)

女子シングルス

▽1回戦

◯石川琴実 [6-0、6-4] 萩原花帆(東国大)

◯渡邉早和子 [6-4、6-4] 市川真衣(日本女子大)

◯前田優歩 [6-3、6-4] 草野京香(筑波大)

◯押川千夏 [6-0、6-3] 溝口英蘭(青学大)

◯下地奈緒 [6-4、6-3] 小林彩夕里(立大)

◯安藤優希 [6-2、6-4] 谷井涼香(駒大)

◯松田岬 [6-2、6-1] ●米原さくら(早大)

●山田奈津子 [1-6、4-6] 大河原悠(東国大)

●杉田栞 [1-6、2-6] 伊藤さつき(亜大)

●松田望愛 [6-3、0-6、2-6] 千原芽歩(山梨学院大)

コメント

下地奈緒副将(社3=沖縄尚学)

――今大会の目標は

今状態があまり良くなくて、この大会で結果を残すというよりは、春関(関東学生トーナメント)とかに向けて状態が上がっていけばいいかなと。そこに照準を合わせていたので、この大会は今出来ることを出来ればと思いながら、その中で一つでも多く勝てたらいいなと思っています。

――試合を振り返っていかがですか

久しぶりのシングルスで、自分がどれくらい出来るんだろうというのが分からない中で臨みましたが、思ったより出来なくて、ちょっと…(笑)、落ち込みながらやっていました。

――第1セットを振り返っていかがですか

ずっと取ったり取られたりで、相手のペースで進む時間帯もありましたが、結構相手のミスがあったのでチャンスは絶対あると思っていました。4-4のゲームがすごく長くて、相手のゲームポイントもあったのですが、がんばれば大丈夫と(笑)。そこはもう、耐えようと思ってやっていて。それで取れたので、4-4を取れて5-4になったらたぶんいけるなと思っていました。自分の時間帯は少なかったですが、大事なポイントを我慢して耐えてというのが、きょうの中では良かったかなと思います。

――接戦の場面が多かったですが、勝ち切れた要因は

私のタイプ的に打つというよりは粘るのが好きなのですが、相手もそういう感じだったので、きょうはしっかりチャンスは打ち切らなければと思い、相手のペースに合わせないようにしっかり落ち着いて出来たところは良かったかなと思います。

――今年度も副将に就任されましたが、どのように部に貢献したいと思いますか

1年間副将としてやってきて今年も副将ということなので、その経験も活かせると思います。主将の清水(映里、スポ3=埼玉・山村学園)が誰よりもがんばる子なのでしっかりサポートしつつ、自分もプレーでも、人としても、部を引っ張れるように貢献出来たらいいなと思います。また、誰もが言うと思いますが『王座奪還』というのが部の目標だと思うので、そこに向けて部員一人一人のサポートをしっかり出来たらいいなと思います。

――個人としてのラストイヤーの目標は

学生になって全国大会でタイトルを取ったことがないので、最後、全国でのタイトルを取りにいきたいなと思います。

樋口廣太郎(スポ3=福岡・柳川)、渡部将伍(教1=東京・早実)

――今大会の目標は

樋口僕は単複ともに優勝を掲げていたのですが、ダブルスで負けてしまったので、シングルスで優勝できるよう頑張ります。

渡部僕も単複優勝を目指していたのですが、みんな強いですし、一個一個勝ちたいのですが、目標はやっぱり優勝でした。

――今大会に向け、どのようなことに意識して取り組んできましたか

樋口もう最後の年なので、今まではどうしても結果にこだわってちょっと硬くなっていたのですが、今年はテニスを楽しもうという目標を掲げて、どんなかたちであれ悔いを残さないような試合にしたいということを目標に日々取り組んでいました。

渡部僕はあまり春関とかインカレ(全日本学生選手権)とかで結果を残せていないので、この新進で大物食いとかして、どんどん上に行って、早稲田のレギュラーになれるように頑張ろうと思っていて。そのために夏くらいからウエイトや体幹に取り組んで、この大会に向けて後悔のないようにはしっかり取り組んできたつもりです。

――きょうの試合を振り返って率直なお気持ちは

樋口相手が特殊というか、本当にダブルスに特化したプレーをしてきたので、こちらも準備不足というか、相手がダブルス強いからといって引くのではなくて、こちらも跳ね返してやるぞという気持ちをもう少し持つべき試合だったかなと思います。最後はマッチポイントを握られながらも惜しいところまでいったので、別に後悔せずというか、前を向いています。

渡部最後やっぱり相手がボレーですごいやってきて、その時に少し押されてしまったというか、自分たちがやることをやって絶対に勝ってやるという気持ちよりも、自分の心の中で少しやばいんじゃないかとかいう方向にいってしまって、それがよくなかったかなと。それが、僕のやることをやって負けるなら仕方なかったですけど、最後4-9から跳ね返して9-9までなって、いけるってなった時に自分の気持ち的に少し引いてしまって、思い切り行くというよりかは絶対に取りたすぎてコートに入れにいってしまって。それが後悔ですけど、春関に向けて気持ちの持ち方とか、ダブルスの立ち位置とかボレーとかが下手すぎるので、一から練習していきたいと思っています。

――ファーストセットではブレークを許す場面もありました

樋口ブレークされても、ブレークできないなとは思ってなかったので。とにかくしぶとくリターンをまず返して、そうしたら取れるのではないかなと僕は思っていたので。ネガティブにならずにずっとポジティブに考えていたことがセットを取れたことにつながったのではないかなと思います。

渡部そうですね、ファーストセットは落ち着いて、硬くならず自分のやることに専念できたのでそれがよかったかなと思います。

――セカンドセットは相手に取られてしまいました。ターニングポイントとなった場面は

樋口まずは初めの1ゲーム、渡部のサーブから、ブレークされたところが大きいですね。相手にとっても、いけるぞってなってしまうので。ダブルスもシングルスもなのですが、やっぱりセカンドセットの入りは大事で、そこを簡単に取られてしまったので、もっと落とすならいい落とし方をしないといけないなと思いますし、そこがキーだったかなと思います。

渡部僕の最初のサービスゲームもとても大事だったので、そこを落としてしまったのもなのですが、その後も0-3から2-3に追い付いて、何回かブレークチャンスがあったのですが、やっぱりそこで、僕としてはそんなに悪いプレーはしていなくて、しっかりやることはやったのですが相手がちょっと良くて、取られたかなという感じです。でも、そうやって良くても取られることがあるので、僕のサービスゲームとか、サービスゲームをしっかりキープするのが一番大事だったなと思います。

――タイブレーク時の心境は

樋口僕は以前、人生の中で3-9から負けたことが1回あって、今回も同じ感情というか、フィーリングなのですが、これいけるなって感じで(笑)。それで9-9になって、こいつ(渡部選手)にもいけるぞって言ったのですが、一人でテンパってて(笑)。かわいいなって思うんですけど。まあ僕の中ではいけるなって思っていました。

渡部9-9には追いついたのですが、結構相手がサーブが上手な人で、ずっと返せていなかったので、そこでそのサーブがくるから、結構思い切りやるというよりはガチガチに緊張してしまって。それが良くなかったですね。ここまできたら思い切って腹をくくってやって、それでもしミスしたら仕方ないとなった方が、次僕のサービスゲームだったのですが、次自分のサービスゲームで割り切っていけたのかなと思うので、悔しいですね。

――今後悔という部分ではどう感じていますか

樋口僕はあまり後悔はしていないです。こっち(渡部選手)の方が責任感じて、やっちゃった感を出してくるのですが、僕は全然気にしてないですね。

渡部僕は、9-9でのあの2本は自分の中でありえないというか。やるなら向かっていくくらいの方が良かったのに、あそこで引いてしまった自分が悔しいんですが、それはもう次にああなった時でも、今度こそは絶対に引かずにやろうって心に決めました。

――最後に、シングルスに向けての意気込みをお願いします

樋口シングルスは優勝を目指すのはもちろんですけど、一試合一試合楽しんで頑張りたいと思います。

渡部しっかりやることを準備して、あしたもどんどんここから強敵になると思うのですが、チャレンジャー精神を忘れずに向かっていって勝ちたいと思います。

石川琴実(社1=神奈川・白鵬女子)

――今大会の目標は何ですか。

今大会の目標は、ベスト8です。

――きょうの自身のプレーを振り返っていかがですか

簡単なミスが多くて、もう少しロースコアで抑えられる相手だったにも関わらず、セカンドセットでは競る場面もありました。次の試合に向けては簡単なミスを減らして、もう少し攻守のめりはりをつけられたらと思います。

――そのセカンドセットについてですが、サービスキープが続く中での心理的な面はいかがでしたか

自分のサービスゲームには結構自信があるので、相手もサーブが良かったので、どこでブレークするのかっていうのを考えていて。でも、ゲームが進むにつれてしっかりこっちがキープできていたので、相手にもプレッシャーをかけられているのではないかと思ったので、しっかり3-3のところでいけました。

――今後のこの大会に向けての意気込みを教えてください。

明日は渡邊(早和子、社1=愛媛・新田)との同士討ちなのですが、お互いベストなプレーが出せればいいかなと思います。

――最後に今年1年の抱負をお願いします

去年王座(全日本大学対抗王座決定試合)に行けなくて、自分がダブルスで負けて、チームが2敗した時に自分がどちらも負けてしまっているので、ダブルスはしっかり出た試合は勝てるように準備したいのと、シングルスでも強い相手にもしっかりと向かっていけるような技術も体力もメンタルも、心身共に頑張っていきたいと思います。

松田岬(スポ1=東京・淑徳)

――今大会どのような意気込みで臨みましたか

去年のインカレの予選では一つ勝って、二つ目は負けてしまった時から、悔しいと思っていました。自分にできることは何だろうなと考えながら、ここまでやってきました。けががあって夏合宿に出られなかったりとありました。不安がないわけではなかったですが、できることを頑張ってやってこれたので、自分のできることで試合に臨めたらと思います。

――昨日のダブルスの結果を振り返って

負けてしまいました。もともと高校までは、立教にいる双子と組んでいて、ダブルスメインでプレーをして、シングルスは結果を残せていなかったです。大学に入ってシングルスを多くやるようになってから、自分でもシングルス頑張ってみようと思って。ダブルスの方が得意だとは思うのですが、シングルスメインとなると、シングルスのことばかり練習していくことになるので、この試合を通して良くなってる部分はあったのですが、昨日は相手もうまかったのですが、まだまだやれる部分があったかなと思います。もう少しできたかなといろいろ考えながら、やったのですが。うまく噛み合わないというか、簡単じゃないと思いました。

――きょうのゲームは同士討ちとなりましたが

自分のホームコートもあり。ホームコートというだけで安心してできるのはお互い同じ部分はあるのですが、お互いのテニスを知ってる者同士なので、どういうふうに作戦を立てるのかなとドキドキする部分はありました。うまくいかないことがありつつ、自分ができることで戦えたと思います。

――第1ゲームでは最初ブレークしましたが

緊張もあり、ふわふわしている部分もあったのですが、地に足をつける。落ち着いてやろうと思って集中してプレーすることができたのかなと思います。

――第2ゲームでは、5ー0と一気に差を広げましたが

5ー0になって差が開いた場面で集中しないといけない場面だったのですが、ダブルフォルトを2本したりとミスが出た部分は詰めが甘いのかなと思ってます。そこで攻めて自分が取りにいくことができれば、レベルアップできるのかなと思うので、そこに向けて自信を持ってプレーできるように、練習していきたいと思います。

――最後に新進の目標をお願いします

近い目標としては3つ勝てたらいいなと思うのですが、あと2つ恐らく早稲田というのもあり。2つ目は同期のメンバーが上がってくると思うので、きょうと同じにはなるのですが、その日にできることを調子に関係なく焦らずやっていけたらと思います。

松田望愛(文構1=東京・早実)

――今大会どのような目標を持って挑みましたか

シングルスは最低でもベスト16。前の春関がベスト32だったので、ベスト16には入りたい。ダブルスは2個以上勝ちたい、春関以上の結果を残したいと思い臨みました。シングルスは目標が達成できず悔しいです。

――昨日のダブルスの結果を振り返って

相手がシード選手ということもあり、そこはペアの米原さん(さくら、スポ3=埼玉・秀明英光)と盛り上げながら楽しんでダブルスができたので、良かったと思います。

――ファーストセットを取って迎えたセカンドセット。相手に得点を重ねられましたが

以前やった時は、相手にいい時間があっても勝手に崩れて取れたのですが、返すのをミスってくれるだろうという甘い考えでプレーをしてしまったことが、セカンドセットを取られた原因かなと思います。

――どこの部分に相手の強さを感じましたか

前対戦した時はバックの方が弱かったのですが、きょうは全然ミスをしなくて、崩れる時間帯が短くなっていて、そこは相手を評価すべきだと思います。

――セカンドセット、ファイナルセットで粘りを見せましたが、相手に及ばなかった要因は

打ってくる相手に対して、自分が打ち合いすぎてしまい戦略面で負けてしまうことが多いので、これからは相手が嫌がるプレーを突き詰めてやっていかないといけないと思います。

――最後に今年の抱負をお願いします

春関・インカレ予選とあると思うのですが、春関でまず単複両方ともインカレ本戦を決めて、インカレに行っても勝てるように頑張っていければと思います。