【カンボジア】香港発の乗客下船、フン・セン首相出迎えも[運輸]

©株式会社NNA

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)感染の疑いを巡り、各国で入港を拒否された香港発のクルーズ船「ウエステルダム」の乗客が14日、カンボジア南部のシアヌークビル港で下船を開始した。港では、フン・セン首相が花を持って乗客を出迎えた。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

日本人5人を含む乗客乗員約2,300人を乗せた船は、13日にシアヌークビル港に到着。カンボジア当局は体調不良を訴えた乗客約20人の検査を実施したが、結果が陰性だったため上陸を認めた。ほかの乗客乗員も健康状態は良好で、数日以内に全員が下船する見通しだ。乗客らはチャーター機で首都プノンペンに移動するなどし、帰国の途に就くとみられる。

出迎えたフン・セン首相は記者団に対し、「いまはウイルスを恐れ、(感染者を)差別する時ではない。みなで連携し、(COVID19と)戦う時だ」とコメント。入港を受け入れたのは人道的に当然の対応との考えを示し、カンボジア国民に対しても乗客を歓迎するよう呼び掛けた。

ウエステルダム号は今月1日に香港を出航し、15日に横浜に到着する予定だったが、日本政府が入港を拒否。フィリピンやタイなども寄港を認めなかった。