<あのころ>預金封鎖で新円切り替え

政府がインフレ抑制策

©一般社団法人共同通信社

1946(昭和21)年2月17日、猛烈なインフレ抑制のため政府は抜き打ちで預貯金を封鎖、強制的に新紙幣に切り替えさせた。交換は1人100円までで預金引き出しも世帯主は月額300円、他は1人100円に限定。印刷が追いつかず旧札に証紙を貼ったものも流通、市場にあふれた現金の封じ込めが狙いだった。