巨人阿部2軍監督「勝てば嬉しいよ」若武者たちに求める勝利へのチームプレー

©株式会社Creative2

巨人・阿部慎之助2軍監督【写真:小谷真弥】

広島2軍との練習試合で初の対外試合タクト「勝てば嬉しいよ。負けたら負けたで悔しいし」

 巨人の阿部慎之助2軍監督が16日、広島2軍との初の対外試合(宮崎、特別ルール)で初勝利。1-1で迎えた9回1死三塁で育成の小山が決勝の右中間適時二塁打を放ち、「勝てば嬉しいよ。負けたら負けたで悔しいし」と充実した表情を見せた。

 初の対外試合。勝利に徹する阿部2軍監督のカラーが色濃く出た。走者にはノーサインで盗塁できる「グリーンライト」が与えられ、初回無死一塁で重信が二盗を決めるなどチームで4度企画した。その一方で、3回無死一塁では重信が送りバント、6回1死一塁では吉川大が走者を確実に三塁に進める一ゴロ。積極プレーの中で、若武者にチームプレーを求めた。阿部2軍監督は「『走るな』というサインもある。それ以外は『自分たちでいけると思ったらいけ』と言っている。(チーム打撃は)1軍にいった時に必要になることですし、それが一番求められることなので。それが2軍でも出来るように教育していきたいなと思います」と大きくうなずいた。

 反省も忘れなかった。同点の9回2死三塁で代打の育成・小山が勝ち越し適時二塁打を放つまで、再三のチャンスを生かせなかった。「チャンスはたくさんあったんですけど、あそこで何とかして欲しかったなというのはあります。そういうチャンスを潰すからこそ1軍に上がれない。『誰が』ということではないんですけど、チーム全体として言ってきたつもりなので。チャンスの時にどういう打撃をするかというのは1つのテーマになってくる」。勝負を決める打撃を求めた。

 この日は阿部2軍監督も対外試合初タクト。4回の守備後には捕手の田中貴を呼び寄せて配球面の助言を送る場面があったが、まだまだ手探り状態だ。「(今村、田中貴のバッテリーが)自分たちを苦しめていたので叱咤してしまったんですけど。僕もまだ観察中。村田コーチだったり、去年のことを全く知らないので聞きながら観察しながら。もちろんゲーム中に気づいたことは言いますし、このキャンプで継続してやって、選手1人1人を把握できるようにしていこうかなと思います」。この日の勝利を良薬とし、1人でも多くの若手を1軍の戦力として送り出す。(小谷真弥 / Masaya Kotani)