胆振地方で吹雪続く、着雪や高波などに注意呼び掛け

©株式会社室蘭民報社

 発達した低気圧が近づいた影響で胆振地方は16日昼すぎから吹雪となった。吹雪はきょう17日朝まで続くとみられ、室蘭地方気象台は着雪や高波などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、16日午後4時現在の24時間降雪量は室蘭2センチ、登別4センチ、白老3センチ、豊浦大岸6センチ。最低気温は室蘭氷点下3・1度、白老同3・8度、伊達大滝同7・2度などだった。胆振中・西部の16日午後6時からの24時間予想降雪量は、多いところで40センチ。

 室蘭市内では横殴りの雪に、市民が顔をしかめながら歩いていた。また同日、JR室蘭線東室蘭駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントに雪が詰まり不具合が発生。午後8時現在、普通列車2本が運休した。

 きょう17日の同市の最低気温は氷点下4度、最高気温は3月中旬並みの4度まで上がる見込み。(西川悠也)

【写真=吹雪に見舞われた室蘭市内=16日午後3時ごろ、室蘭市中島町(一部画像加工しています)】