勤務医感染で外来休診、都内病院

入院も休止、検査呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

 勤務する60代の男性医師の新型コロナウイルス感染が16日に確認されたことを受け、東京都大田区の牧田総合病院は17日、当面の間、外来を休診し新規入院も休止すると決めた。患者など濃厚接触者を確認し、検査を受けるよう呼び掛ける。

 病院によると、男性医師は普段は同病院の蒲田分院(大田区)に勤務していた。医師は診察中にマスクをしており、担当者は院内感染でないと考えているとしている。同病院では50代の女性看護師の感染も確認された。

 病院は16日午後から外来患者の受け入れを止めており、薬の処方が必要な患者のみ診療するとしている。