遺族ら「納得できない」「反省の姿見せるべき」大津園児事故、判決受けコメント

©株式会社京都新聞社

遺族らのコメントを読み上げる被害者側弁護士(17日午後1時すぎ、大津市内)

 大津市で昨年5月に保育園児の列へ車が突っ込み園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職の女(53)に大津地裁が17日、禁錮4年6月(求刑・禁錮5年6月)を言い渡したことを受けて、被害者付添人の弁護団が大津市内で記者会見し、「納得できない」「本当に反省しているのなら、その姿をしっかり見せるべき」などと、判決後の被害者家族らの思いを紹介した。

 読み上げられたコメントである遺族は「被告のこれまでやってきたことがひどすぎるので、今日の態度を見て反省を感じませんでした」とし、別の被害者家族は「判決があっても何も自分たちの生活は変わらず、傷が癒えるものではない」とした。前回の判決期日で被告の発言から異例の判決言い渡し延期となった経緯があるため、被害者家族から「争うといいながら今日の被告は認め、何だったのか」との声も出ていたという。

 弁護団は「まれにみる交通事故。求刑よりも判決の量刑が削られ残念。なぜ起きたのか事実解明が不十分に終わってしまった。控訴を検察庁に要望するかは少し時間を置いて、被害者と相談したい」と話した。 

 これまでの公判では、被害者参加制度を使い、被害園児の家族と保育士たちが法廷に参加。希望した保護者が直接、被告に質問してきた。

 判決によると、昨年5月8日、大津市大萱6丁目の丁字路で、乗用車を運転中に確認を怠って右折し、対向の軽乗用車と衝突。軽乗用車を園児列に突入させ、園児2人を死亡させ、計14人に重軽傷を負わせた、などとしている。