高齢者や持病のある人は早めの相談を

©一般社団法人共同通信社

 厚労省は、高齢者や、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の持病のある人、透析を受けている人などは重症化しやすいとして、早めの相談を呼び掛けた。