フロリダ大学って?大学ランキングや3つの魅力、入試情報をご紹介!

©株式会社SEKAISHA

フロリダ大学は、パブリック・アイビーの一つに数えられる名門私立大学です。学部生が専攻できるプログラムは120種類以上と幅広いのが特徴です。また、フロリダ大学のスポーツチームは、ゲーターズという愛称を持ち、スポーツドリンクの「ゲータレード」発祥の大学でもあります。今回はフロリダ大学について解説します。

フロリダ大学の基本情報

フロリダ大学(University of Florida)は、1853年に設立され、フロリダ州ゲインズビルにキャンパスを設けるフロリダ州立大学です。学生数5万5,000人を超えるマンモス校で、ゲインズビルの人口の約4割はフロリダ大学の学生が占めています。ゲインズビルは、全米でも住みやすいことで有名です。

ピューリッツァー賞受賞者を2名、州知事や上院議員・下院議員も輩出していることからも大学のレベルの高さが分かる名門公立大学です。

ランキングから見る評価

フロリダ大学は、世界ランキングで100~200位の中に入る大学です。全米の公立大学ではトップ10に入る評価を受けるほどです。

世界大学ランキングの評価

フロリダ大学は、世界大学ランキングで100~200位にランクインしています。日本でよく引用されるTIMES HIGHER EDUCATION(THE)では、ここ数年で少し順位を落としていますが175位、Quacquarelli Symondsのランキングでは、167位です。

また、学術的な成果を重視するAcademic Ranking of World Universitiesでは、2000年代後半は50位台にランクインしており、2019年も95位の評価を受けています。

ランキング	フロリダ大学	東京大学(参考)
TIMES HIGHER EDUCATION	175位	36位
Quacquarelli Symonds	167位	22位
Academic Ranking of World Universities	95位	25位

参考

World University Rankings 2020|Times Higher Education (THE)

Top Universities in the World 2020|Top Universities

Academic Ranking of World Universities 2019|shanghairanking

アメリカ国内での評価

フロリダ大学は、アメリカ国内でも高い評価を受けています。U.S. Newsによると、公立大学のランキングでは全米7位、NICHEによると、全米11位にランクインしています。また、アメリカ国内の大学全体の中でも、30~60位にランクインしており、中でもスポーツ分野での評価が非常に高いです。

ランキング	フロリダ大学
U.S. News	34位
NICHE	59位

参考

University of Florida|U.S.News

University of Florida|NICHE

フロリダ大学の3つの魅力

フロリダ大学は、55,000人を超える学生が在籍する大規模校で、パブリック・アイビーの一つに数えられる名門校でもあります。また、アスリートを多く輩出するほどスポーツが盛んなのも、フロリダ大学の魅力です。

全米でも指折りの大規模校

フロリダ大学の学生数は、2017年以降55,000人を超えており、2019年には56,565人に達しています。

(参照元:ENROLLMENT|UNIVERSITY of FLORIDA)

学部生だけでも、約3万7,000人が在籍しており、全米でもトップ10に入る大規模校です。学部で100以上、修士課程で200以上の幅広いプログラムがあります。学べる選択肢の幅が広いのは、大規模校ならではのメリットと言えるでしょう。

パブリック・アイビーに名を連ねる名門校

ハーバード大学やプリンストン大学などの私立名門校からなる「アイビー・リーグ」と同じように、公立名門校をパブリック・アイビーと呼びます。パブリック・アイビーの使われ方はさまざまなので、ここでは州の中でトップの公立大学と考えます。

フロリダ大学は、パブリック・アイビーに選ばれることもある公立名門校として知られています。公立大学のランキングでトップ10入りしていることからも、レベルの高さがうかがえます。特に、アカウンティングやマーケティングなどのビジネスプログラム、生物学・農学は全米でも高い評価を受けています。

フットボールファンが熱狂的

フロリダ大学には、36ものナショナルチャンピオンシップチームが存在しています。そんなフロリダ大学のスポーツチームは、ゲーターズ(Gators)と呼ばれており、多くのプロスポーツ選手を輩出しています。

特に、フットボールの人気はすさまじく、1965年にフロリダ大学の教授がスポーツドリンクの草分け的存在である「ゲータレード」を開発したほどです。ゲータレードの名前の由来は、フロリダ大学のスポーツチーム名である「ゲーターズ」とレモネードの「エード」を合わせたものです。ちなみに、ゲーターズが、ゲータレードを使い始めた1967年に、カレッジフットボールのチャンピオンシップであるオレンジボウルで初優勝を果たしています。

フロリダ大学の学校生活

フロリダ大学は、120種類の専攻を持っており、スポーツが盛んな大学です。また、キャンパスが2,000エーカーもあり、その中には26の寮、15のリビング・ラーニングコミュニティがあり、約8,600人が住んでいます。

フロリダ大学の授業・専攻

フロリダ大学の学部生が選べる専攻は、120種類あります。下記以外にも、日本語を含むアラビア語やポルトガル語、英語、中国語、イタリア語など各国の言語の専攻も多様です。

【専攻の一部】

  • アカウンティング
  • 動物科学
  • 芸術
  • 生物学
  • コンピューターサイエンス
  • 犯罪学
  • ダンス
  • 教育科学
  • 電子工学
  • 環境科学
  • 金融学
  • 食品科学
  • 地理学
  • 歴史学
  • マーケティング
  • 数学
  • 音楽
  • 看護学
  • 心理学
  • 社会学

参考

PROGRAMS|UNIVERSITY of FLORIDA

スポーツ・施設

フロリダ大学には、60以上のスポーツクラブが存在します。設備も充実しており、体育館にはバスケットボールコートが6面、ラケットコートも6面、体を鍛えるジムやプール、ボウリング場などもあります。

フロリダ大学の入学情報

フロリダ大学では、入学試験で下記の6つのことを最も重視しています。

  • エッセイ
  • 性格・人柄
  • 課外活動
  • 高校時代の実績
  • 高校時代の成績
  • 才能・能力
  • ボランティアの経験

また、仕事の経験や全米の統一テストのスコア、居住地なども重要な評価項目となっています。統一テストの一つであるACTのスコアは、36点満点中27~32点が合格者の平均値です。

参考

University of Florida|CollegeBoard(※Applyingを参照)

フロリダ大学の学費

フロリダ大学の2019〜2020年の留学生の学費は、1年間で約330万円です。これに、寮費・食費・教材費などの約215万円を加えると年間で最低でも545万円ほどかかります。また、旅費や交際費などが追加で発生するので、これに加えて100万~200万円ほどは1年間でかかると考えておきましょう。

項目	留学生
授業料	30,130
寮費	8,390
教材費など	1,300
食費	4,470
コンピューター	1,360
健康保険	2,238
その他	2,120
合計費用	50,008

参考

ESTIMATED START-UP COSTS|International Center UNIVERSITY of FLORIDA

著名な卒業生・関係者

フロリダ大学の卒業生・関係者は、プロスポーツ選手を筆頭に、ノーベル賞受賞者、映画監督など、さまざまな分野で活躍しています。ここでは、その一部をご紹介します。

名前(敬称略)	肩書・職業
中村修二	ノーベル物理学賞受賞
フィリップ・ドナルド・エストリッジ	IBMのパーソナルコンピューター生みの親
ジョナサン・デミ	映画監督
デビッド・エクスタイン	元野球選手
アル・ローゼン	元野球選手
エミット・スミス	元アメリカンフットボール選手
ジャック・ヤングブラッド	元アメリカンフットボール選手
マット・ボナー	元バスケットボール選手
ジェイソン・ウィリアムス	元バスケットボール選手

参考

フロリダ大学|Wikipedia

まとめ

フロリダ大学は、全米の名門公立大学の一つに数えられ、学生数5万5,000人を超える大規模校です。専攻できるプログラムは豊富で、多くの学生にもまれながら学べる環境が整っています。さらに、スポーツの強豪校としても知られており、スポーツ施設も充実しています。魅力あふれるフロリダ大学を、留学先の選択肢の一つに検討してみてはいかがでしょうか。

参考

University of Florida(フロリダ州)|留学ジャーナル

UNIVERSITY FACTS|University of Florida