海外リゾートバイトのエリア別の特徴とは?お役立ち情報も一緒に紹介

©株式会社SEKAISHA

リゾートバイトは、国内だけでなく海外でも展開しており、日本を離れ現地で生活しながら働く人もいます。

では、海外でのリゾートバイトには実際どのような特徴があるのでしょうか。こちらの記事では、エリア別情報や知っておきたいことを中心にご紹介していきます。

リゾートバイトとは?

リゾートバイトとは、短期(2週間~1ヶ月)から長期(3ヶ月~6ヶ月)の契約を結んで観光リゾート地でホテルの接客や厨房、現地のスポーツ系アクティビティのスタッフなどをして働くアルバイトのことです。

現地滞在は、会社側が手配した寮などに住み込む形が多く、食費や光熱費に関しては基本的に無料です。なかには、往復の交通費を全額支給してもらえるケースもあります。

海外と国内のリゾートバイトの相違点

海外と国内のリゾートバイトは、観光リゾート地で住み込みで働くことには変わりありませんが、就労者の層の目的や考えの点で違いがあると言われています。

まず、国内のリゾートバイトは、主に短期でお金をしっかり稼ぐこと、友達と一緒にエントリーするといった目的で取り組まれる傾向にあります。

一方、海外のリゾートバイトは、あくまでも「自分が行きたいと思う海外で生活する」ことを第一の目的としている人が多いと言われています。なかには、本格的に移住する前の下調べとして、現地で一時的に就労を考えている人もいるそうです。

海外リゾートバイトで必要なスキルと資格

海外でのリゾートバイトは、日本から訪れる観光客の対応などをする日本語をメインとした仕事もあれば、ほとんど英語のみでやり取りをする仕事もあり、多種多様です。しかし、どちらにしても現地の生活で不自由がないように、英語力は必須となります。

「英語を話せるようになりたいから、海外のリゾートバイトをしたい」というケースも少なからずありますが、コミュニケーションのリスクなどを考えると、英語力がなければ不採用になる確率が高いでしょう。

もし海外でリゾートバイトをしたいなら、オンライン英会話やスマートフォンの英会話アプリなど気軽に始められるツールを活用して、日常会話程度の英語力を身につけておくよう努力が必要です。

また、マリンアクティビティ系の仕事をするなら、普通救命救急士やライフガードなどの資格を持っていると、採用の際に有利になることもあります。

海外リゾートバイトの人気4エリアの特徴とは?

海外リゾートバイトは、日本人が足を運ぶエリアで展開してますが、その中でも特に人気の4つのエリアの特徴をご紹介します。

ハワイ

ハワイは、長年安定した人気を誇る観光リゾート地であり、現地の日本語サポートも万全です。

ハワイでは、特にワイキキエリアを中心にリゾートバイトの案件が多くあり、現地レストランの調理サポートや接客、日本人向けのガイドやマリンアクティビティのガイドなど、仕事内容も多岐にわたっています。ほかに、ツアーの事務関係の仕事もリゾートバイトとして含まれます。

オーストラリア

オーストラリアでのリゾートバイトは、ゴールドコースト・ケアンズ・メルボルン・タスマニアなどで展開されています。職種は、ホテルのキッチンハンド(=野菜の下準備などの洗い場担当)やハウスキーパー、マリンアクティビティ関連などがあります。

ニュージーランド

ニュージーランドのリゾートバイトは、オークランドやクライストチャーチを中心に案件があります。

南半球のスキーシーズンが6月から10月ということで、この時期にスキー場でのリゾートバイトを選ぶ人もおり、世界中から応募が殺到するようです。スキー場でのリゾートバイトの職種は、リフト担当・レンタル受付スタッフ・パトロールなど多数あります。

セブ

フィリピンのセブ島は、リゾートバイトで人気のエリアです。観光業が盛んなエリアということもあり、ホテル関連の接客業が多いのが特徴。ほかに、ダイビングインストラクターやダイビングショップの接客も案件として挙がっています。

また、セブの一部のリゾートバイトは、働くだけでなく、現地の語学学校へ通えることもあるので情報をチェックしておきましょう。

海外リゾートバイトの給与相場

海外リゾートバイトでやはり気になるのが、給与相場ではないでしょうか。日本でのアルバイトより、時給が高いか安いかを知っておきたいという人もいることでしょう。

参考までに、海外でリゾートバイトをしたことがある経験者の情報を挙げると、オーストラリア・タスマニアでは、最低賃金が1時間あたり15豪ドルであり、日本円に換算するとおよそ1,080円(※1豪ドル=72.4円で換算、2020年2月2日の為替レート)だったそうです。土曜日に働くと時給が1.5倍、日曜日には2倍になったりします。

また、地域や職種などによって時給の相場に違いがありますので、海外でリゾートバイトを選ぶときに詳細をチェックするといいでしょう。

参考

時給40ドル!オーストラリア移住歴10年目の日本人が思うオーストラリアで働く5つのメリット|Guanxi Times

豪ドル/円(AUD/JPY):外国為替レート|楽天証券

米ドル/円(USD/JPY):外国為替レート|楽天証券

海外リゾートバイトを検討する上で知っておきたい注意点

海外リゾートバイトを検討する場合、事前に知っておかなければならない注意点があります。

まず、働く会社から就労ビザを発行してもらえるかどうか必ず確認しておきましょう。就労ビザがないと、働く期間や会社も限られてしまうので気をつけましょう。

ほかにも、滞在先の国の物価が高すぎると思うように貯金ができないので注意が必要です。どのようにしたらお金が貯まるかということも考える必要が出てくるかもしれません。

参考:海外リゾートバイト経験者の口コミ情報

これから海外でのリゾートバイトを検討する人にとって、経験者が現地でどのように過ごしてきたか、そして収入がどのようなものだったかなども知っておきたいところでしょう。

ご参考までに、経験者の口コミ情報をピックアップします。

オーストラリアでのリゾートバイト経験者

私の場合、「有給ホテルインターンシップ」という扱いだったのですが、アルバイトではなく正規雇用(フルタイム)の職員として扱ってもらえるため、オーストラリアの各州が定める最低賃金は必ず保証してもらえました。

加えて、残業や休日出勤に対しては、本来の時給の倍近く支払われる制度もあります。繁忙期や団体客がまとまって来るようなシーズンだと、助っ人で他の職場に派遣されることもあるので、あっという間にお金が溜まっていきました。

(引用元:【口コミ】海外リゾートバイトinオーストラリアで住み込み武者修行してきた|さやだんごのリゾバブログ)

セブでのリゾートバイト経験者

月収は6万円から始まり終わるころには10万円まで上がりました。

宿泊費・食費は無料なので出費は交際費のみになります。

セブ島(フィリピン)は物価が安いため、日本と同じ費用を払えばそれなりに豪華な生活が出来ます。

仕事後や週末は籠りきりになり、英語の勉強をすればお金を使うこともないので、ほぼお給料の全額を貯金にまわすことも可能です。かつ英語の勉強もできるので、一石二鳥です。

(引用元:英語力もupできた!フィリピン(セブ島)有給インターン体験談 | さやだんごのリゾバブログ)

まとめ

海外でのリゾートバイトの仕事内容は、フロントやハウスキーパーといったホテル関連や、海やスキー場などのスポーツ系アクティビティ、日本人観光客向けのツアー関連など多種多様です。人気のエリアは、ハワイ・オーストラリア・ニュージーランド・セブと言われています。

海外リゾートバイトの給与相場は、その国の物価の高低で左右されますが、なかには土日の時給が平日の割増で支給されるケースもあります。ただし、地域や職種によって給与には違いがあるので、事前にチェックしておきましょう。

最後に、海外リゾートバイトには就労ビザが必要になりますので、余裕を持って準備することをおすすめします。現地事情をチェックしながら、海外リゾートバイトの仕事を探してみてはいかがでしょうか。

参考

ワーキングホリデーとは|一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会

ワーキング・ホリデー制度|外務省

おすすめの場所|オーストラリア政府観光局

スキー・スノーボードをニュージーランドで!|グローバルネット・ニュージーランド