治療受けられず吐血も……新型ウイルスで死んでいく家族の話 中国・武漢

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

中国・湖北省で謎の新型ウイルスが出現し始めたとの複数の報告が上がってから数週間後、中国当局は突如、感染しているかどうかを判断する方法を変更した。

「臨床診断」の症例も含むという、新たな方法によって症例数は急上昇した。その原因は、医師が今、新型コロナウイルスの検査で陽性となった人だけでなく、診療所で感染していると診断を受けた人についても感染者としてカウントしているからに他ならない。

発生当初、湖北省武漢市のいたるところに新型ウイルスが急速に広まり、病院のベッドが不足していた。それはつまり、必要な治療を受けられなかった人がいたということになる。

武漢市に住む2人が、病気がまん延した街で、愛する人が治療を受けられるように奮闘した悲惨な体験をBBCに語ってくれた。

「おじいちゃん、安らかに」-シャオ・ファンさん

幼いころに両親を亡くしたシャオさんは、祖父母に育てられてきた。

シャオさんは、80代の祖父母が定年後の人生を幸せに楽しく過ごせるよう、その生活を支えることだけを望んでいた。

しかし、たった2週間あまりで、祖父は新型ウイルスで死亡し、祖母は重篤な状態に陥った。

シャオさんの祖父母は、1月20日に呼吸器症状が現われ始めた。武漢市が同23日に封鎖され、公共交通機関が停止されたため、祖父母が移動するのは困難だった。2人は同26日まで病院に行くことができなかった。

同29日、2人は新型コロナウイルスに感染していると診断されたが、入院できたのは3日も後だった。

病院には患者があふれ、余っているベッドはなかった。シャオさんの祖父母は高熱を出していて、呼吸困難に陥っていたにも関わらず、与えられたのは廊下の椅子だけだった。シャオさんが病院のスタッフに懇願した結果、長椅子1脚と折りたたみベッド1床を確保することができた。

「目に付く場所に医師も看護師もいない」と、シャオさんは日記に綴った。「医師のいない病院は墓場同然だ」。

祖父が亡くなる前夜、シャオさんは祖父母と一緒に病院の廊下にいた。祖父は祖母とおしゃべりを続けていたので、祖母は祖父がせん妄状態になっているとは知らなかったと、シャオさんは話す。

祖父が亡くなる3時間前に、ようやくベッド1床が用意された。シャオさんは祖父が息を引き取る最後の瞬間まで、ベッド脇で過ごした。

シャオさんは、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」に、「おじいちゃん、安らかに。天国には痛みはないからね」と書いた。

「多くの患者が、家族に付き添われることなく亡くなりました。最後に家族が互いにひと目見ることさえできていませんでした」

シャオさんは、病院で生きようと戦っている祖母と、できるだけ多くの時間を過ごしている。

「有効な薬はありません。医師は私に対し、期待を持たないよう告げました。祖母は、自分の力でしか乗り越えるしかありません」

「私たちは運命にゆだねることしかできません」

シャオさんは2月7日から体調が悪く、現在はホテルで2週間の隔離措置を受けている。

「母親が吐血し始めた」-ダ・チュンさん

1月初旬、ダ・チュンさん(22)の母親(53)は発熱し始めた。家族は、単なる風邪だと思い、特に警戒はしていなかった。謎めいた病気が1100万人の街で静かに広まっていることは、少し耳にしていた。

ダさんの母親は地域の診療所で複数の注射を打ってもらったにも関わらず、熱は1週間もの間下がらなかった。1月20日、中国当局が新型ウイルスについて、ヒトからヒトに感染する可能性があると認めたこの日、ダさんは発熱がある人のために設置されている外来診療所へと母親を連れて行った。

胸部のレントゲンや血液検査の結果から、医師は、ダさんの母親が新型ウイルスに感染していると診断した。

「いまだに信じられません」とダさんは言う。

しかし、さらに悪い知らせが入った。医師は、ダさんの母親は病院に受け入れてもらえないと告げた。病院には新型ウイルスの検査キットが無いことが理由だった。1月下旬、検査キットは指定された8つの病院でのみ入手可能だった。

「指定病院のある医師は、病院側には私の母親を入院させる権限がないと言っていました。地元の衛生委員会が、感染が確認された人々にベッドを割り当てているんです」と、ダさんは言う。「だから、医師が私の母親を感染例だと確認するために新型ウイルスの検査を行うことはできないし、母親にベッドを提供することもできないんです」。

ダさんは、母親は孤立した症例ではなかったと話す。中国の人気メッセージアプリのウィーチャット上の、家族に感染者がいる人が200人以上参加するチャットグループでも、同様の話が共有されていた。

ダさんのきょうだいが、ベッドの空きがないか確認するために病院で並んだり、点滴してもらえるよう、ダさんが母親を診療所へ連れて行った。しかし、こうした中でダさんたちが目撃したのは、検査を受けたり入院が認められたりする前に、人々が病院の観察室内で死んでいく光景だった。

「死体は包まれ、スタッフによって運び出されました」とダさんは話す。「こういう人たちが(新型コロナウイルスによる)死者としてカウントされるのか、私には分かりません」。

ダさんの母親の病状は悪化し続けている。吐血し始め、尿には血が混じっていた。

1月29日、ダさんの母親はようやく入院することができた。しかし、入院直後の数日間は、母親には何の治療も施されず、病院には十分な設備が整っていなかった。

それでも、ダさんは母親が回復するという希望を捨ててはいない。

リポート:ジョイス・リウ、グレイス・ツォイ/イラスト:ジェリー・フレッチャー

(シャオ・ファンさん、ダ・チュンさんはBBCの取材に対し、ソーシャルメディア上での別名を使用しています)

(英語記事 Watching loved ones die without care in Wuhan