宝塚、雪組トップの2人退団へ

望海風斗さんと真彩希帆さん

©一般社団法人共同通信社

望海風斗さん

 宝塚歌劇団は17日、雪組トップスターの望海風斗さんとトップ娘役の真彩希帆さんが、10月11日に退団すると発表した。東京宝塚劇場(東京都千代田区)で同日に千秋楽を迎える公演「fff フォルティッシッシモ」「シルクロード 盗賊と宝石」が最後の舞台となる。

 望海さんは横浜市出身で2003年に初舞台、真彩さんは埼玉県出身で12年に初舞台を踏んだ。2人は17年7月に雪組のトップスターとトップ娘役に同時に就任。高い歌唱力を持つ実力派トップコンビとして人気を集めた。

 望海さんは20年東京五輪の聖火リレーで、出身地である神奈川県内のランナーに選出されている。