ソフトB千賀、順調に101球

捕手を座らせ手応え語る

©一般社団法人共同通信社

ブルペンで投球練習するソフトバンク・千賀=宮崎

 ソフトバンク千賀が今キャンプ4度目のブルペンに入り、捕手を座らせて最多となる101球を投じた。設定されていた上限の100球に到達すると、最後はカーブで締めた。右ふくらはぎの張りから順調な回復をうかがわせ「上げられる感覚はある」と手応えを語った。

 実戦形式での登板は未定だが、見守った工藤監督は「一つ階段を上った。何よりチームに欠かせない大黒柱なのでいい調整をしてほしい」と願うように言った。18日は練習休み。(宮崎市)